top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

りらくる創業者、田端信太郎に対する訴訟提起へ 「嘘つき」「ホラ吹き」投稿受け

yutura

自身や自著への批判が名誉棄損にあたるとして、「りらくる」創業者の竹之内教博が「田端信太郎」(登録者数6.1万人)を訴える考えを明らかにしました。

田端氏はリクルートやlivedoorを経て、LINEやZOZOで執行役員を務めた“プロサラリーマン”で、現在はオンラインサロンを運営するほか、YouTuberとしても活動しています。

「270億円手に入れた」真偽めぐって論争

竹之内氏は、リラクゼーションスペース「りらくる」を創業した日本の経営者。
YouTubeでは「竹之内社長の【非常識な成功法則】」(登録者数6万人)というチャンネルを開設、今年4月には自著『無名の男がたった7年で 270億円手に入れた物語』を出版するなど、自身の成功体験やノウハウを積極的に発信しており、令和版“マネーの虎”「令和の虎CHANNEL」(同12万人)にも出演しています。

本書は、日本中の街角で見かけるリラクゼーションのお店『りらくる』を創業、たった7年で直営600店舗を超える大成功を収めた竹之内教博氏の初の著書である。…(amazon『無名の男がたった7年で 270億円手に入れた物語』

そんな竹之内氏を昨年11月、とあるWebサイトが「日本人資産家ランキング TOP100」の第22位として大々的にピックアップ。
竹之内氏が今月3日に「270億丸々手に入ったわけではなくて」「差し引かれて100億ちょっとなんだけど」とこのランキングサイトの誤りを指摘したところ、田端氏が自著への記載と食い違っているとツイート。
そこから竹之内氏の「270億円手に入れた」発言の真偽に関する論争が続いていました。

納税証明書の公開要求されるも…

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル