top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全6作品の世界累計興行収入が5300億円超大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』待望の最新作が4年ぶりとなる 22 年に公開が決定!

cinefil

2007 年、マイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮によって、記念すべき 1 作 目が製作され、空前の大ヒットを叩き出した『トランスフォーマー』。その後、シリーズ化され、 全6作品の世界累計興行収入は 48 億 4700 万ドル(約 5331 億円※1)を突破! パラマウント・ピクチャーズ作品史上の歴代世界興収ランキングでは1-3位とトップを独占する※2、まさにハリウッドを代表する、記録的大ヒット超大作となった本シリーズ。その待望の最新作が4年ぶりとなる 22 年に公開が決定!そして、オリジナルタイトル『Transformers: Rise of the beasts』の発表に合わせて、同時に邦題タイトルも解禁となりました。
※1 1ドル110円換算(2021年6月21日現在)
※2 2021 年現在、1位『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』、2位『トランスフォーマー/ロストエイジ』、3位『トランスフォーマー/リベンジ』、北米および全世界配給を共に行った作品対象

邦題:「トランスフォーマー/ビースト覚醒」

日本公開:2022 年
原題:Transformers: Rise of the beasts / 北米公開:2022 年6月 24 日

今作で、シリーズ初めてタイトルに“ビースト”のワードがつき、シリーズファンに絶大なる人気を 誇り、当時としては画期的な全編 3DCG による TV アニメーションとして大きな話題を呼んだ「ビ ーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」(97-98)を想起させるタイトルとなりました。果 たして『トランスフォーマー』にビースト参戦なるか!?その全貌解明が待たれます。

本作では、シリーズ全作品のプロデューサーであるロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが製作を行い、監督を担当するのは、『クリード 炎の宿敵』(18)のスティーブン・ケイブル・Jr。出演者には北米で大ヒット中『イン・ザ・ハイツ』(21)に主演していることでも話題のアンソニー・ラモス や、本年度アカデミー作品賞にノミネートされた『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(21) で重要な役を演じたドミニク・フィッシュバックが発表されています。
この新たな幕開けで、シリーズの独創的なビジョンをどのように“トランスフォーム”させていくの か、続報に是非ご注目ください!

広告の後にも続きます

■監督:スティーブン・ケイブル・Jr. 『クリード 炎の宿敵』(18)
■製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 『トランスフォーマー』シリーズ、『G.I.ジョー』シリーズ、『RED』シリーズなど
■出演:アンソニー・ラモス 『イン・ザ・ハイツ』(21)『アリー/スター誕生』(18)、ドミニク・フィッシュバック 『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』 (21)『ヘイト・ユー・ギブ』(18)
■全米公開:2022年6月24日
■原題:Transformers:Riseofthebeasts
■配給:東和ピクチャーズ

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル