top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

南極で炒飯を!昭和基地で中華を作る|依田隆宏さんインタビュー

80C[ハオチー]

その一方で、長年続けてきた厨房の中で働く環境から距離を置いてみたくもなったんです。自分はこのまま、こういうことを続けていっていいのかと。

―そこから、なぜ南極に?

そう考えるようになってから、まず思い出したのが「遠洋マグロ漁船にも厨房がある」という話でした。20歳くらいの頃に聞いて、ずっと頭に残ってたんですよね。

さっそく調べてみたら、海外に行けるような遠洋船の仕事はひとつもなくて。そこで成毛さんに相談したんです。そしたら「だったら南極行ってみたら?」って。

それを聞いた時、南極大陸に立っている自分がめっちゃイメージできたんです。俺、南極行くぞって。ちょうど2018年の8月の終わりで、極地研が第61次南極観測隊の越冬隊を募集している時期でした。

南極越冬隊への応募は、人生の棚卸。

広告の後にも続きます

―越冬隊の調理担当に応募となると、レストランからレストランへの転職とは訳が違います。応募書類も条件も覚悟も変わりますね。

「応募には専用の履歴書があり、資格やこれまでの業務経験、実績、現職の職務内容や役割、職場の規模などを記入します。さらに自分自身の職務遂行能力や、志望動機と自己PRに関する自由記述がそれぞれA4用紙1枚分ありました。

書類はかなり多いです。でも、書いてみるっていいなと思いました。振り返ってみると、高校を卒業してすぐに働いた長野では、惣菜やケータリングの仕事でデザートを作っていたこともありましたし、東京ではあらゆる魚介やフカヒレなども扱ってきました。洗いざらい書き出してみると、これもできるじゃん、あれも作れるじゃん、って。

もちろん働きはじめの頃は下っ端ですよ。でも、いろんな現場のプロセスを経験していたことは、改めて自分の身になっているんだと感じました。

さらに推薦状も2通必要となります。僕の場合、勤め先の代表取締役が2名でしたので、オーナーシェフの成毛さんと、開発部門を統括している大原さんにお願いすることができました。

―OB訪問のような試験対策もしましたか?

南極に行った料理人さんの店も何軒か行って、アドバイスをもらいました。「何でもできます!ではなく、これができます、こういうことが得意ですと具体的に書いた方がいいよ」と言われ、書類を読む人がイメージできるように書いていきました。

<南極の調理担当者に求められるスキルとは?>

南極は、極寒、強風、乾燥、日中でも太陽が沈んだ状態が続く極夜など、人が暮らすには過酷な自然環境にあります。

なかでも越冬隊は、丸1年間閉鎖的な空間で同じメンバーで寝食を共にすることになるため、面接も重視されますが、個々の実務能力も言うまでもなく重要です。

具体的には、以下のようなスキルが調理担当に求められています。(「第63次南極地域観測隊員候補者の公募について」より抜粋)

・調理師免許を取得していること。加えて免許取得後に食材仕入れを含めた十分な実務経験を有し、現に調理業務にフルタイムで従事していること。

・1年間を通したメニューの立案、越冬隊員30名程度(夏期間は短期間ではあるが最大60人程度)への食事の提供が可能であること。

・持ち込んだ食材について、年間を通して適切な管理、計画的な使用ができること。

厨房機器の取り扱いに習熟し、その保守・管理を確実に実施できること。

大量の食材・物品調達を予算の範囲内で計画的に実施できること(参考:予算は一人分約80万円×人数分、調達する食材の物資量は梱包容器抜きで平均35tほど)。

・これらの業務を円滑に行うべく、PCによる事務作業が問題なくできること。具体的にはワープロソフト、表計算ソフト、メールソフトを使って事務作業並びに連絡・調整・報告ができること。

―面接はどんな感じでしたか。

コの字型のテーブルに、10人くらい面接官が並んでいました。そのど真ん中に1人で入っていくんですよ。入った瞬間びっくりしちゃって。店の収支や原価率なども聞かれましたが、全然頭が回らなかったです。

結果は翌日、電話がかかってきました。ちょうど店にいたので、その場で成毛さんに「南極決まりました!」と報告したことを覚えています。

>NEXT:南極だからおいしさひとしお。越冬隊に人気の中華はこれだ!
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル