top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

南極で炒飯を!昭和基地で中華を作る|依田隆宏さんインタビュー

80C[ハオチー]

2020年、Twitterで南極からの更新を楽しみにしていた方もいるでしょう。アカウント名は「南極炒飯」。南極で炒飯を作るということは……? そう、中華の料理人です。

「南極炒飯」こと依田隆宏さんは1985年長野県生まれ。東京・神田須田町「神田雲林」の厨房で腕を磨き、第61次南極越冬隊の調理担当となりました。依田さんは、何をきっかけに南極を目指し、どんな環境でどんな料理を作ってきたのでしょうか。帰国後、2021年6月に話を聞きました。

俺、南極行くぞ。

広告の後にも続きます

―南極に行く前は「神田雲林」で働いていました。旬の食材をさまざまな中華料理で楽しませてくれる店ですね。

「ここで働いたら、他の店の二倍は勉強できるぞ」と先輩に言われたとおり、「神田雲林」はいろいろな食材が扱える店でした。日々新鮮な野菜や魚介が入荷して、上海蟹の季節などは仕込みに追われるほど。特に貝類は扱ったことがないものはない! というくらい、ありとあらゆる種類を扱わせてもらいました。

コース料理は慣れたと思ったら翌月新たなコースが始まり、忙しかったですね。約6年半勉強させていただきましたが、ここでの時間は本当にあっという間でした。

(オーナーシェフの)成毛さんには、公私ともにお世話になりました。食事にもよく誘っていただいて。休みの日に「ちょっと来ない?」と声をかけていただき、行ってみると、成毛さん、奥さん、お子さん、僕、みたいな。

「神田雲林」の富貴鶏。(Photo by Takako Sato)

―充実した日々で、外に目が向いたきっかけは何だったのですか。

高校を卒業してからいろんな厨房で料理をしてきましたが、いつもチームでやっていたので、自分1人だったらどこまでできるのかわからないなあと思ったんです。そう思うようになったのは、ランチタイムに鍋を振らせてもらうようになってからですね。仕込みからお客様の前に出すまで、ひと通り自分でやってみたいという気持ちが出てきました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル