top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

甲子園の名物実況「植草貞夫アナ」の絶叫はすべてアドリブ

SmartFLASH

 

 数々のドラマを生んできた夏の甲子園。なぜ、我々は高校球児のプレーに心打たれるのか。28年間、甲子園の実況を務めた植草貞夫さん(85)が熱戦の陰にあった魂の名言を明かす。

 

 思い出深い言葉として、まず出てきたのが、「甲子園は清原のためにあるのか」。

 

広告の後にも続きます

 67回大会(1985年)の決勝、PL学園vs.宇部商で6回裏、PLが1点リードを許す場面。

 

 

「4回に清原が打った1本めのホームランのときは、あの言葉は出ないんです。まだ試合は序盤。自然に出たというのは、試合の目処がここでついたという直感があったんでしょう。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル