甲子園でドラフト「高校生No.1」の座を手にした大阪桐蔭・根尾昂
甲子園でドラフト「高校生No.1」の座を手にした大阪桐蔭・根尾昂
宿舎で黙々と一人で素振り投打と遊撃手で躍動する大阪桐蔭・根尾。NPBスカウトの評価は「今大会のNo.1選手

宿舎で黙々と一人で素振り



投打と遊撃手で躍動する大阪桐蔭・根尾。NPBスカウトの評価は「今大会のNo.1選手」で一致している

 夏の甲子園も大詰めだ。8月17日には8強が出そろい、明日18日は「大会で最も面白い」とされる準々決勝である。なぜなら、この8校から必ず、第100回記念大会のチャンピオンが生まれるからだ。大阪桐蔭は2012年以来、史上初、同一校2度目の春夏連覇まで「マジック3」としている。

 ドラフトに話題を向けても、大阪桐蔭が戦前の予想どおり「主役」の様相だ。投打に遊撃手の三刀流である根尾昂、スピード&パワーを兼ね備える藤原恭大がすでに、1位指名が有力と言われる。プロ関係者によれば、展開によって12球団の1位同時入札で、重複する可能性もあるという。ここにきて、評価を高めているのが柿木蓮で、2回戦では自己最速151キロと、目標の全国制覇へ調子を上げている。

 中でも根尾昂が今大会を通じて「高校生No.1」の立場を手にした。複数のスカウトに聞いても「好投手は毎年、出てくるが、攻守走のスピード、すべてを兼ね備えた選手は数年に一度しか出て来ない」と語る。

 毎年、ドラフト補強はどの球団も投手が最優先となる。だが根尾の場合、投手としての可能性も秘めており、評価はさらに上がってくる。高校生であり「即戦力」とはいかないまでも、長いスパンを考えれば、10年以上、球団の顔として活躍してくれる期待感が持てる。高卒野手の例を挙げれば巨人・坂本勇人、ヤクルト・山田哲人のような立場である。

 なぜ、根尾がそこまで評価されるのか。あるベテランスカウトが、ふだんは報道陣には決して見せない「素顔」を明かしてくれた。

「たまたまホテルが一緒だったんですが、夜、地下に用事があったので行ってみると、根尾が黙々とバットを振っていました。しかも、フルスイング。プロ野球でも、複数で群れて練習する選手がいますが、成果が上がるとは言えません。一人だからこそ、力になる」

 中学時代に在籍した飛騨高山ボーイズから「スーパー中学生」として騒がれ、大阪桐蔭でも早くから脚光を浴びてきた。天才肌に見えるが、実は努力家。前出のスカウトは「注目されている中でも必ず、結果を残す。相当な精神力。われわれは、そのあたりも見ています」と付け加えた。

 根尾の顔から、疲れた表情を見たことがない。いつもハツラツとしており、キビキビとプレー。感情の起伏がないから、どんなにプレッシャーがかかった場面でも冷静にいられる。

 頂点まであと3勝。根尾の涙も、見たことがない。仮に史上初の悲願を達成しても、普段どおり、淡々と試合を振り返る根尾がいそうな気がする。

文=岡本朋祐 写真=田中慎一郎
(更新日:2018年8月20日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME