top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テレビアニメ放送中!大人気「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズの魅力を解説!

ホンシェルジュ

小学生に大人気の児童書「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ。累計発行部数は300万部を突破し、テレビアニメ化や映画化もされています。一風変わった女主人が売る駄菓子はふしぎな力をもっていて、客の悩みを解決してくれそうにみえるのですが、使い方を間違えると……。この記事では、シリーズの魅力や主なエピソードのあらすじを紹介していきます。

「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」シリーズはアニメ映画化も!作者はどんな人?

「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」シリーズは、運命を左右するふしぎな駄菓子を売る、少し変わった店の物語。2013年に1巻が刊行されると瞬く間に人気に火が付き、2019年に刊行された12巻からは第2シーズンが始まり、2020年にはテレビアニメ化、映画化もされています。

シリーズの魅力のひとつは、その設定です。物語の舞台となるのは、昭和の時代を思い起こさせるような木造の駄菓子屋「銭天堂」。切り盛りしているのは、髪を結い上げた着物姿の女主人です。店の所在も女主人の正体も不明。さらにこの店の駄菓子は、ふしぎな力をもっているんだとか。

偶然この店に辿り着いた客たちの悩みを解決することもありますが、予定調和では終わらない展開をすることもあり、読者の心を離しません。

また1話完結の連作短編で構成されていて、手軽に読めるのも魅力です。店を訪れる客の視線で物語が進むことも、読者にマンネリ感を与えないのでしょう。もちろんシリーズ全体を通してのストーリーもあるので、読めば読むほどファンになり、はまってしまうこと間違いなし。

作者の廣嶋玲子は、ファンタジー作品を得意とする児童文学作家です。またイラストレーターのjyajyaが描く、どこか古風で貫禄のある女主人の姿は忘れられない強烈な印象を与えてくれます。絵の細部に面白い仕掛けが施されていることもあるのでご注目。文章と絵の両方に「銭天堂」シリーズの世界観があふれていて、想像を膨らませてくれるのです。

「銭天堂」シリーズの登場人物を紹介!紅子やよどみなど

広告の後にも続きます

銭天堂をとりまくキャラクターたちは個性豊か。シリーズで活躍する主な登場人物を紹介していきます。

紅子(べにこ)

銭天堂の女主人。結い上げた白い髪と真っ赤な紅、そして古銭柄の着物がトレードマークです。紅子は、訪れる客の悩みを察する能力をもっていて、その悩みが解消できるような駄菓子を選んで薦めます。語尾に「でござんす」と付けるのが口癖です。

墨丸(すみまる)

紅子が飼っている黒猫。なんと紅子と会話をすることができます。賢くて機転が利くので、客を銭天堂に導いたり、店の留守番を任せられたりることも。

よどみ

  • 1
  • 2

TOPICS