top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

福山雅治と役所広司が重厚な法廷サスペンスを生み出す「三度目の殺人」(2017)

エンタメウィーク(映画)

福山雅治と役所広司が重厚な法廷サスペンスを生み出す「三度目の殺人」(2017)

解説

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。第41回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本、助演男優、助演女優、編集の6部門で最優秀賞を受賞した。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

『万引き家族』で世界的に知られ、監督としての地位を築いてきた是枝裕和監督がオリジナル脚本まで手がけた作品。これまで「家族」というテーマで静かですが力強い映画を作ってた彼が、本作でもそれを根底に引きながらも初めて重厚な法廷サスペンスを生み出しました。

福山演じる主人公は、これまで勝つことにこだわってきた弁護士。真実は深追いせず、自分の依頼の減刑にこだわりを見せてきた彼が、今回出会った依頼主は、これまで二度の殺人罪で死刑が免れないと言われてきた役所広司演じる三隅。

彼を無期懲役にしようとする主人公は、後に三隅が殺した食品加工工場の社長の娘から「自分が父から性的虐待を受けているのを知って、代わりに殺してくれた」という供述を得ることができます。それこそ減刑につながる有力な情報になるかと思いきや、そこからどんどん複雑になっていく。一筋縄ではいかないミステリーが逆に考察しがいで面白いわけですが、物語だけでなくキャラクター同士の会話が面白い。こういったセリフの良さには、やはり是枝監督の力量を感じます。そこに福山雅治、役所広司、広瀬すずの演技力が重なり、すごいものを見せられているという迫力さえ感じます。


「三度目の殺人」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル