top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中国の科学技術が生んだ壮大な宇宙的SF大作が完結した!

BOOKウォッチ

三体Ⅲ 死神永世 上(早川書房)<amazonで購入>

 「三体」シリーズは三部構成でそれぞれ上下2巻だから、全体では6巻という大作。積み上げると厚さ15センチ超になる。全世界で2900万部を突破した、中国のSF『三体』の第三部「死神永世」の邦訳が、先月末にようやく出て完結した。

 2019年に第一部をBOOKウォッチで紹介したが、第一部はほんのプロローグに過ぎなかったことがわかった。

 異星文明とのファーストコンタクトものとして始まった本シリーズだが、タイトルの「三体」人と「三体」文明は、第二部「暗黒森林」でようやくその全貌を現し、第三部「死神永世」において人類は驚愕の結末を迎える。

 評者は第一部を読んだ後、完結するまであえて第二部を読まないことにしていた。だから、今回都合4巻をまとめて読み、頭がくらくらする思いがした。第一部の時点では想像もつかなかった、はるけき地点まで来てしまったという感慨でいっぱいだ。

三つの太陽を持つ惑星に生まれた超高度文明

 第一部でも「三体」的な世界観は提示されていた。「三つの太陽を持つ惑星に文明が生まれたら」という設定のゲームが登場していた。質量が同じ、もしくはほぼ同程度の三つの物体が、たがいの引力を受けながらどのように運動するかという、古典物理学の代表的な問題が根底にある。

広告の後にも続きます

 一般的な解は存在しないだけでなく、ほとんどの系は不安定で予測不能な状態になる。そんな星に生まれた「三体」人と「三体」文明は、地球をはるかに凌駕する高度な科学技術文明を謳歌していた。だが、しかし……。

 地球文明の存在を知った「三体」人は、自らの存亡をかけて地球に向けて艦隊を派遣する。今から四世紀後に到着することを知った地球人との駆け引き、戦闘が第二部、第三部の白眉となる。

 たくさんのSF的ガジェットが登場する。アニメの宇宙戦隊モノがちっぽけに思えるほどのテクノロジーの描写と説得力に圧倒される。でもそれだけならアニメやゲームとたいして変わらない。本シリーズの中核にあるのは、人間の「思惟する」力だ。

 宇宙空間をワープする宇宙船など科学技術に優れた「三体」人だが、ある弱点があった。地球人はその弱点を突いて、突拍子もない作戦に打って出る。

中国の科学技術は日本を抜いた!

 本シリーズはオバマ元大統領らが絶賛し、アメリカでも100万部以上売れたそうだ。IT技術などの覇権をめぐり米中が火花を飛ばしているが、中国の科学技術への恐れが根底にあり、売れたのもそのせいかもしれない、と思った。実際、本書の科学技術についての記述は本格的だ。著者の劉慈欣は1963年生まれ。発電所でエンジニアとして働きながら執筆している。

 科学技術の特許の数では、日本を追い抜いたという中国。特段の科学エリートでもない著者が本シリーズを書いたと知り、思い出したのが、中島恵さんの『日本の「中国人」社会』(日経プレミアシリーズ)である。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル