top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宮沢りえ、34年ぶりリハウスガールも白鳥麗子とかけ離れた“波乱の実像”とは!?

アサ芸プラス

 街路樹が並ぶベッドタウンの遊歩道。そこに、並んで歩く親子がいる。

「ママもあなたぐらいの時に初めてリハウスしたの」

 そう娘に語りかけるのは、48歳の宮沢りえ。木漏れ日の柔らかさに気づいたのか、まぶしげに陽光が射す方向へ顔を向けると、懐かしい記憶がよみがえる。

「今度、朝日ヶ丘にリハウスしてきました。白鳥麗子です」

 画面は14歳の宮沢りえが転校生として、あいさつするシーンへ─。

広告の後にも続きます

 これは、6月4日から放送されている「三井のリハウス」のCM「リハウスって何?」篇の一場面。サラサラのロングヘアで制服姿の美少女時代、その美貌を保ったまま、みごとに熟れた現在の宮沢、その両方を同時に味わえる贅沢な30秒間となっている。

 このCMを見ていただけではわからないが、実は細かい設定が決まっている。中学時代に朝日ヶ丘にリハウスしてきた白鳥麗子が、34年の時を経て再び朝日ヶ丘に引っ越してきたというシチュエーション。この間、白鳥は母親となり、夫と娘の3人暮らし。中学時代のCMではバイオリンを演奏しているシーンがあったが、既婚者となった今もクラシック音楽鑑賞が趣味で、家族でコンサートに行くこともあるらしい。

 白鳥麗子は「順風満帆な家庭の妻」となっていたのだ。それに比べて、白鳥を演じる宮沢はどうだろうか…。

 貴乃花との婚約解消に始まり、歌舞伎役者との不貞騒動、そしてサッカー元日本代表とのキス写真漏洩…と、オトコ遍歴だけを見ても、波乱万丈すぎて、CMで見せた妻像とは違いすぎる。そんな宮沢の「34年間の激動」を、6月22日発売の「週刊アサヒ芸能」7月1日号が詳報している。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル