top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「茨城」永作博美、「福岡」吉田羊…熟美女優「県民性“妖艶”マップ」を大公開

アサ芸プラス

 若手の台頭が著しい芸能界において、動じることなくフェロモンを漂わせ、輝きを放っているのが「艶」のある熟美女優だろう。そんな彼女たちの出身地をくまなく調べてみると、全国どのエリアから多く輩出されているのかはもちろん、彼女たちの地元愛と艶っぽさには関係性があり、「艶っぽさをキープしている女優ほど地元愛にあふれている」という傾向もあることがわかったというのだ。本邦初のユニークな調査結果を、全国「出身地別“熟美女優”妖艶マップ」を掲載しつつ、6月22日発売の「週刊アサヒ芸能」が詳報している。

 このマップを見た芸能評論家も熟美女優の傾向について、意外な結果が出たとこう分析する。

「北海道・東北地方は熟美女優が少ない傾向。マジメでいい人すぎる県民性が明らかです。一方、東京都、神奈川県、愛知県、広島県の都市部以外では、福岡県を中心に九州・沖縄地方が各県から粒ぞろいの人材を輩出。『熟美女優地方』として存在感を発揮しています」

 東日本に目を移せば、茨城県を代表する永作博美や羽田美智子、西日本では、脱ぎ姿を披露したばかりの奈良県出身の尾野真千子や福岡出身の黒木瞳と吉田羊の「熟美女コネクション」など、全国に渡る艶っぽ熟美女優たちの独自エピソードは実に興味深い。熟美女マップと、そこから見えてくる“調査結果”の全容は、6月22日発売の「週刊アサヒ芸能」7月1日号で詳しくレポートしている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル