top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テンポのいい会話に思わず吹き出すコメディ映画「なくもんか」(2009)

エンタメウィーク(映画)

テンポのいい会話に思わず吹き出すコメディ映画「なくもんか」(2009)

解説

幼い頃父親に捨てられた祐太は、東京下町・善人通りの惣菜屋「デリカの山ちゃん」の店主夫婦に養子として育てられ、今では2代目店主となって商店街を盛り上げていた。そして密かに思いを寄せていた初代店主夫婦のひとり娘・徹子と結婚にこぎつけた祐太は、生き別れた弟で人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介の存在を知り、再会を果たすが……。「舞妓Haaaan!!!」の水田尾伸生監督・脚本の宮藤官九郎、主演の阿部サダヲが再結集。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

宮藤官九郎が脚本を務めたコメディ映画。生き別れた兄弟が、一方は下町で有名なハムカツ屋を営んでいて、一方は人気お笑い芸人になっている。そんな二人が再開することをきっかけに、それぞれの人生に転機が訪れるという物語。

ハムカツ屋の兄は阿部サダヲが演じ、イケメンお笑い芸人を瑛太が演じています。なんか映画全体がテンポよくて、普通の会話の中にちょいちょい組み込まれているジョークに地味にツボったりする感じが、さすが宮藤官九郎という作品。

なんとなく、悲劇と喜劇が紙一重であるというテーマと、笑顔が張り付いてしまい実は本心から笑えていないというギリギリのメンタルでいる阿部サダヲの雰囲気は、トッド・フィリップス監督の『ジョーカー』を彷彿とさせます。そんな彼を支える勝ち気な妻、徹子を演じるのは今は亡き竹内結子さん。本作でも、彼女らしい芯の通った着丈で美しい女性を演じています。

瑛太演じる弟は、血のつながっていない兄とコンビで活動していますが、本人自体は面白いわけじゃない。ツッコミとボケって、二人のコンビネーションで時に変わる変わるやっていく芸人が一番面白いと個人的には思うのですが、弟がずっと求めていた最強の相性の“相方”が兄だったという展開が素晴らしいです。


「なくもんか」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル