top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大竹しのぶとピアフの魂が共鳴!舞台・CD・コンサート 三位一体の特別プロジェク発表

UtaTen

2018年はエディット・ピアフが1963年10月10日に亡くなって55年。その年に、大竹しのぶ主演の舞台「ピアフ」の4度目の再演、ピアフ楽曲のCD化、そして2019年明けにはピアフの楽曲を歌うコンサートツアーの実施と、大竹しのぶによるピアフ関連の舞台・CD・コンサートが三位一体となった特別プロジェクト「SHINOBU avec PIAF(シノブ・アヴェク・ピアフ)2018-2019」の発表がビクタースタジオにて行われた。

このプロジェクトは、ピアフの楽曲を大竹しのぶが歌唱したアルバム「SHINOBU avec PIAF(シノブ・アヴェク・ピアフ)が10月10日に発売、そして11月4日から始まる舞台「ピアフ」、さらにはピアフの楽曲を歌うコンサートツアーと、2018年から2019年にかけて実施する「舞台×ピアフ楽曲のCD化×コンサート」が三位一体となり、ピアフと大竹が時を超えてシンクロニシティーする一大プロジェクト。

記者発表の冒頭から、10月10日(ピアフの命日)に発売されるアルバム「SHINOBU avec PIAF」より、「愛の讃歌」を歌唱。CDのプロデューサーである坂本昌之氏のピアノだけをバックに紅白歌合戦での熱唱を彷彿させた後には、CD収録曲「群衆」を、レコーディングメンバーによるバンド形式で歌唱。シャンソンの枠にとどまらない、ある種ロックなアレンジを施された、しのぶ流ピアフに記者会見場も騒然。本楽曲はCD発売に先駆けて8月22日に先行配信される事も発表。



2曲のスタジオライブ後は、舞台「ピアフ」の共演者である辻萬長、川久保拓司、駿河太郎、上遠野太洸の4人が登場。4人からバラ1輪ずつ贈呈された大竹は「4度目の舞台の上演が決まりましたが、舞台でピアフを見た人から、CDでもピアフの歌を聴きたいというご要望があり、やっとCDを作ることができ、彼女の命日にあたる10月10日にCDを発売します。4度目の公演ですが、みんなで1回、1回、必死になって作り上げるこの舞台が大好きなので、またそれを皆さんに届けられるうれしさでいっぱいです。ピアフの歌は、暗かったり、重かったりするのですが、強い歌が多いので、強い心を届けられたらいいなと思っています」とあいさつ。歌のフレーズ、そして言葉の端々から女優・大竹しのぶのオーラがビクタースタジオを圧倒した記者会見となった。

TOPICS

ランキング

ジャンル