top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

同じ「鳥中華」なのに、こんなにも違うとは… 山形ご当地麺を再現したカップ麺&棒ラーメンを徹底比較

Jタウンネット

マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界

第五十八回 山形のご当地麺「鳥中華」の商品2品 文・写真:オサーン

カップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」をレビューする連載の第五十八回目となる今回は、山形のご当地ラーメンである「鳥中華」の味を再現した2商品、みうら食品の棒ラーメン「そば屋の中華 鳥中華」と、ヤマダイのカップ麺「ニュータッチ 大盛山形鳥中華」をご紹介します。

そばつゆに中華麺を合わせた山形のご当地麺

「鳥中華」は、山形県天童市のそば店で供されていた賄い料理が起源とされ、蕎麦つゆを使ったスープに中華麺を入れた和風のラーメンです。

山形県では主に蕎麦店で供されていて、ご当地麺の多い山形の麺料理のひとつです。

広告の後にも続きます

ちなみに、同じく蕎麦つゆのような和風のスープに中華麺を合わせた麺料理として、姫路の「黄そば」、姫路駅の「えきそば」があり、これらもカップ麺化されているので、いずれご紹介できればと思います。

山形は食が豊かで、芋煮や米沢牛、玉こんにゃくなどに加え、麺料理も「板そば」、「ひっぱりうどん」、「冷やしラーメン」、「赤湯ラーメン」、「米沢ラーメン」、「とりもつラーメン」などなどかなり種類豊富。

「鳥中華」は果たしてどんな味なのでしょうか。

棒ラーメン「そば屋の中華 鳥中華」

まずは、「鳥中華」の棒ラーメン、みうら食品の「そば屋の中華 鳥中華」。

みうら食品は、山形県東根市にある製麺会社で、地元の名物である「鳥中華」や「板そば」の乾麺を製造販売しています。

「マルタイラーメン」などと同じく棒ラーメンタイプの乾麺2食入りで、スープ付きです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル