top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今まで食べてきた「桃のケーキ」が霞んでく… ツイッターで話題の贅沢スイーツ、食べてみた

Jタウンネット

梅雨のジメジメした気分を晴らしてくれるような、モモ好きにはたまらないケーキがツイッターで話題だ。

1884年創業の「近江屋洋菓子店」(千代田区)で販売が始まったケーキ、その名も「もも」。

同店の公式ツイッターが2021年6月15日、この商品について「桃好きの皆様お待たせいたしました」と、紹介した。

形はモモそのもの。それに加え、ツヤツヤ輝くビジュアルに心を奪われた記者は、さっそくこのケーキを食べてみることに。

今まで食べてきたのは偽物だったのでは?

18日の昼ごろ、丸ノ内線・淡路町駅から徒歩3分の神田店を訪れると、想像より広々とした店内には10人以上が列を作っていた。

広告の後にも続きます

ショーケースをのぞくと、お目当ての「もも」が20個ほど並んでいる。

置かれた値札に、愕然。なんと「もも」は1個1200円(税込み)とのこと。高級品である(筆者にとっては……)。

1個だけ購入して店を出ると、数人が続々と店へ入っていく。やはり、かなりの人気店らしい。

急いで帰宅して箱を開けると、それだけであたりにモモの香りが広がった。ごくり。

モモを丸ごと1個使った、贅沢な一品だ。

口に入れた瞬間、モモの豊かな香りが鼻を抜けていく。あまりにもジューシーなモモが! とろけていく!!!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル