top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「一途な恋愛」が人の胸を打つ理由

マイナビウーマン

※この記事はドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』結末のネタバレが含まれます

2016年に月9枠で放送されたドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)。脚本は『大豆田とわ子と三人の元夫』や『花束みたいな恋をした』などを手がける坂元裕二が担当している。

通称『いつ恋』と呼ばれる今作は、有村架純と高良健吾を主人公に据えて、2011年と2016年の東京をメインの舞台として描いた、恋愛ドラマである。

さまざまな思いが錯綜する『いつ恋』だが、その中でも、有村架純演じる杉原音と、高良健吾演じる曽田練の関係は特に複雑だ。

近づいたかと思ったら離れることを繰り返す。今回は、そんな2人の「会話」に重きを置いて考察してみようと思う。

広告の後にも続きます

■似た者同士の出会い

練と音の出会いは不穏だ。練の友人である晴太(坂口健太郎)が盗んでしまった音のカバンを代わりに返すために、東京から北海道までトラックを走らせた引っ越し屋の練に対して、音は不信感を持って接する。

カバンの中には、音の亡くなった母親からの手紙が入っており、それを返したくて来たのだと言うと、「捨てといて」と音にあしらわれてしまう。

身寄りのない音は、育ての父親が決めた相手と結婚することになっていたが、とある事情で縁談がなくなる。怒った育ての父親は、音の母親の骨を捨ててしまう。

無気力になった音に、育ての母親は「音、逃げなさい」と声をかける。言われるがまま勢いで家を飛び出した音は、偶然、トラックで北海道から東京に帰ろうとしていた練を見つける。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル