top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山口県民に「つまらんぞ」と言われても、楽しませようとしなくていい…かもしれない

Jタウンネット

日本各地には、その地域でしか伝わらない言葉――方言が数多く存在している。

そのため、何かを説明するときに

「あれっ、この言葉伝わらないの…?」
「地元なら一言で表現できるのに…」

と、地元以外の場所でもどかしい思いをしている人も多いとか。

Jタウンネットではそんな方言の情報を全国の読者から募集している。

今回は、地元以外では意味が変わる方言の中から山口県などで使われている「つまらん」を紹介する。

面白くないわけじゃなくて…

広告の後にも続きます

山口県在住の40代の女性読者から編集部にこんなメールが届いた。

「地元の標準語だと意味が変わる方言『つまらん』
使用例:標準語だと『面白くない、退屈』だが山口県では『駄目だ』という意味で使用する。
『丁寧に掃除をせんとつまらんぞ』『運転中、信号が黄色の時に突っきっちゃつまらんよ』『その時の感情だけで退職したらつまらんよ』」

彼女の地元では「つまらん」という言葉を禁止の意味で使うとの情報。

標準語では「面白くない」「興味がわかない」といった意味で使う「つまらない」を崩した形として「つまらん」を使用する人が多いだろう。

そのため、いきなり

「信号が黄色の時に突っきっちゃつまらんよ」

と言われたとき、じゃあどうすれば面白いの? とびっくりしてしまうかもしれない。

この言葉について調べてみると、「日本国語大辞典(小学館、ジャパンナレッジ版)」の「つまらない」の項目に方言として載っていた。同辞典よると、山口・広島・長崎・大分の一部地域や島根、愛媛、大分で「つまらん、つまらぬ」を

「役に立たない。無益だ。だめだ」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル