華道家を辞めます!石原さとみ・峯田和伸主演「高嶺の花」第5話レビュー
華道家を辞めます!石原さとみ・峯田和伸主演「高嶺の花」第5話レビュー
石原さとみ・峯田和伸主演、日本テレビ系列ドラマ「高嶺の花」。8月8日(水)に放送された第5話は、ついに深い仲になった月島もも(石原さとみ)と風間直人(峯田和伸)。家族に挨拶に行くだけのはずが、何故か結婚の話に発展してしまう。華道家・月島を捨てて、自転車屋の風間になれるのか?

第4話では、ももの正体がバレて、本物の令嬢だということが公になります。風間は「俺なんかには完全に高値の花です」と諦めモードになります。家元・月島市松(小日向文世)は「色恋など、全て偽物だ」とももに言います。しかし、ももは「もう一度、信じてみる」と風間を自宅に招き入れるのでした。

まるで竜宮城だよ

シーツに包まれる裸の風間ともも。ももの艶やかな背中が色っぽ過ぎます。風間はまるで浦島太郎になった気分で朝を迎えます。風間はもものことを「違うものが見えてるんですよね。とても高いところに咲いているから。本来、摘もうとしたらいけない花です」と言います。
一方、摘んではいけない花をとろうとして怪我をする堀江宗太(館秀々輝)。山小屋に住む元美術の教師をしていた坂東(博多華丸)に助けられます。坂東は宗太に「家にいたらお母さん殺しちゃったろ。全てが気に入らない。その元凶が母親。って話だろ」と説教します。宗太は文句を言いつつ、坂東の山小屋に留まり、絵を描く事を学びます。引きこもりだった宗太はどんな絵を描くのでしょうね。

家元にご挨拶

珍しくスーツにネクタイ姿に着替える風間。高井雄一(升毅)の運転で月島の家に向かいます。
市松は「娘と結婚を前提に付き合ってると考えてよろしいでしょうか?」「月島家の養子に入って貰える」など、矢継ぎ早に質問をします。風間は結婚を前提に付き合うつもりはあるが、養子になる事はお断りします。市松は「ももは私を継いで家元になることが極めて濃厚。次女もいますが、才能技量到底姉に及ぶものではない」と言い出します。
鼻から、ななに継がせる気はなかったのですね。市松本音が出てしまいます。ももは「風間の姓を頂くつもりです」「月島ななを次の家元にとお願いいたします」と頑なな態度をとります。怒った市松はももに破門を言い渡します。

妹を泣かしたら、あんたも泣かす!

宇都宮龍一(千葉雄大)のイベントに総レースシャツワンピース姿で現れるもも。ももは「自分は月島と縁を切る。家元破門された。だからななを守ってあげて」と宇都宮に頼みます。宇都宮も了承します。
家元候補がなな一択になり、早速、ななと仲良くする宇都宮。本当にゲスな男ですね。しかし、ななは意外と冷静に対処します。
ななは「あなた(宇都宮)は時期が来たら、私より家元に相応しいのは、婿養子である自分の方」って言い出すに違いないと言います。さらに「家元になった私が夫に地位を譲れば、問題ない」と付け加えます。ななは本当に宇都宮の事が好きなのですね〜。

高井 VS 原田秋保?

高井が風間自転車に現れます。高井は風間に「もも様は吉池拓真(三浦貴大)との破談にとても傷ついている」「家元に生まれた重圧に疲れ果てている」「現実逃避しているだけで、君を愛しているわけでは決してない」と助言する。終いには手切れ金の話まで持ち出します。黒いゴスロリに大きな鎌を持ち死神のコスプレで話を聞いていた原田秋保(高橋ひかる)はブチ切れます。秋保は「プーさん(風間)だけが学校からも親からも見放された私をありのまんまで受け入れてくれたんだ。薄汚れたクマのぬいぐるみ扱いやめれって言ってんだよ!」と怒鳴り、高井を店から追い出します。高井はももの本当の親なので、ももの事が心配で仕方がないのでしょうね。

暴走する吉池

吉池拓真が市松を暴行します。市松は頭部を12針縫う怪我を負い入院します。ももは黒いレースワンピースでお見舞いに訪れます。市松は「因果応報ってやつだ、彼を責める気はまるで無い」と言います。そして、今まで話される事のなかった、ももの母親の話をしだします。ももの母親は出産時に胎盤に異常が起こり、子供か自分の命かの二択を迫られる事態になります。「この子(お腹の子)は月島を注ぐ子なんだから。自分の命に代えても産む価値のある子なんだと」といって、自分の命を犠牲にして、ももを出産したと説明します。市松は「だからこそ、なんとしても愛する妻の願いを叶えるためにお前の才能を潰すわけにいかなかった。娘の結婚を父親として、壊すことになったとしても……」と涙ながらに語ります。でも、高井が本当の父親ですよね。このお話はどこまでが本当で嘘なのでしょう? 市松はやはり侮れない男ですねー。
本当の父親を知らないももは、市松の話を真に受けてしまいます。ももは「それがわたしの宿命なんでしょ」と家元を継ぐ決意を固めます。

朝からご機嫌な女は要注意?

ブルーのワンピースを着て、朝食を作るもも。そんな姿を見て風間は風間節子(十朱幸代)の言葉を思い出します。節子は「抱かれたわけでもないのに、朝から上機嫌な女は要注意よ。普通にしてたらバレそうだから、ごまかしてるのよ嘘と裏切りを」と言います。ももの姿に違和感を感じつつも、風間は代々受け継がれて来た婚約指輪をももに渡します。おばあちゃんになっても、愛します。と誠実な態度をとる風間。ももはアクアマリン(人魚の涙)の指輪をはめて涙を流します。
その涙は、嬉し涙なのか、裏切りの涙なのか? どちらなのでしょうね。

次回第6話は、8月15日(水)夜10時から放送

家元になる為に残酷な事を決意したももは、ついに実行に移すのか!?
第6話は、日本テレビ系列で8月15日(水)夜10時から放送。

石原さとみ・峯田和伸主演「高嶺の花」公式サイト
https://www.ntv.co.jp/takanenohana/

⇒ドラマ「高嶺の花」作品ページへ
http://music-book.jp/video/title/038507

⇒主題歌「ラヴ・ミー・テンダー/Elvis Presley」作品ページへ
http://music-book.jp/music/Artist/248845/Music/aaa1mtv2

(更新日:2018年8月14日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME