top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

関水渚、最近の悩みは筋肉痛。主演ドラマでバッティングセンターのイメージが変わった

web Sportiva

@関水渚インタビュー

悩みを抱えながらもバッティングセンターにやって来る女性たちを、元プロ野球選手が独自の人生論で解決へと導いていく、ドラマ『八月は夜のバッティングセンターで。』(7月7日スタート、毎週・水曜深夜1:10~ テレビ東京ほか)。プロ野球ファンなら誰もが知るレジェンド選手が、毎話登場するのも見どころだ。連続ドラマ初主演の関水渚さんは、夏休みにバッティングセンターでバイトする女子高生を演じる。高校で野球部のマネージャーを務めた彼女は、ドラマの撮影を通して、改めて野球の魅力を実感している。


ドラマ『八月は夜のバッティングセンターで。』に主演する関水渚さん

【クランクインの前日に、ステーキを食べて気合を注入】

――初主演の連続ドラマが、縁のある野球を題材にした作品ですね。出演が決まった時の感想はいかがでしたか?

関水 主演と聞いてとてもうれしかったです! 仕事で野球に携わる機会はなかなかないだろうなぁと思っていましたが、こうして作品を通して野球に携われて、うれしいです。

広告の後にも続きます

 毎回、悩みを抱えた女性がバッティングセンターにやって来るんです。その女性たちが抱えているのは、きっと多くの方が共感できる悩みだと思います。毎回、あるシーンで球界のレジェンドが登場するんですが、私自身もレジェンドの言葉が胸に刺さったり、心が動かされるので、それを楽しんでいただけたらと思います。

――関水さんが演じる女子高生の夏葉舞は、訳あって夏休みにバッティングセンターでアルバイトをすることになります。演じていて、ご自身と重なる部分はありますか?

関水 最初に台本を読んだ時に、”今までにも勝気なタイプな子をやらせてもらったことがあって、違いを出すためにもっと頑張らなきゃ!”と思いました。でも台本を読み解いていくと、舞は小さいころから男の子と関わることが多かったんじゃないか、だから語尾や口調が粗くて、勝気に見えたんじゃないかと感じました。

 それに舞には、自分が一番好きだったものを失って、でもそのことにうまく向き合えず、逃げてしまう不器用さがあって。実はすごく女の子っぽいんですよね。仲村トオルさんが演じる、元プロ野球選手の伊藤智弘さんとの関わり方で、自分の気持ちを素直に話せない部分もいいなと思って、大事に演じています。

――バットのスイングを見ただけで、その人が抱えている悩みがわかる元プロ野球選手・伊藤。演じている仲村トオルさんの印象は?

関水 優しくて、セリフのキャッチボールでいろんなボールを投げてくれるんです。ひとつひとつが丁寧なので、心に響きますね。仲村さんは、その日の撮影が始まる前にストレッチをしたり、体を動かされているんです。だからか声がよく通るし、その姿から学ぶことも多くて毎日楽しいです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル