top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あの横浜高校に華麗なる援軍。チアリーディング部が誕生、野球部と甲子園を目指す

web Sportiva

 昨年、男女共学となったことを機に、高校野球の名門・横浜高校に「チアリーディング部」が誕生した。今年で創部2年目を迎えるが、コロナ禍の影響により応援が自粛されているため、まだ球場デビューは果たしていない。現在は来るべき日に向けて、練習を積み重ねている。

 60名を超す部員を指導しているのが、3人の女性教員たちだ。


世界大会優勝の経験がある顧問の小林礼奈先生(写真左)

 顧問として外部との交渉を担当する篠田美月(化学教諭)、スケジュールを管理する坂詩織(英語教諭)、そして野球でいう監督の役目を担うのがチア経験豊富な小林礼奈(保健体育教諭)だ。

 なかでも小林は、チアの世界で実績を重ねてきたアスリートである。本庄第一高校(埼玉)在学時代は1〜3年まで中心選手として活躍。3年時にはキャプテンとして「第7回全国高等学校ダンスドリル選手権大会」で団体総合優勝の立役者となった。

 高校卒業後は日本女子体育大に進学し、ソングリーディング部に所属。全日本チアダンス選手権4連覇をはじめ、2年時から3年連続して米国フロリダ州で開催されるワールドチャンピオン大会にも出場。優勝2回、準優勝1回の好成績を残した。

広告の後にも続きます

 卒業を前にあるチームから誘いを受けたが、「野球の強い高校の教師になって、チアの指導をしたい」と辞退。地元の埼玉を筆頭に、東京、神奈川などの教員募集をチェックしていたところ、男女共学となる横浜高校が女性教師を募集していることを知り、さっそく応募した。

「できあがったところではなく、新しいところで今までやってきたチア経験を生かしたいと思っていました」

 学校側もチア部の創設を考えていたこともあり、まさに相思相愛。昨年4月から教鞭を執っている。

 小林がチアに憧れを抱いたのは、甲子園がきっかけだった。

「小学2年から器械体操をやっていたのですが、小学5年の夏に地元の本庄第一が甲子園に出場して、応援に行ったんです。その時のチア部がカッコよくて、自分もやりたいと思って……高校入学と同時にチア部に入りました」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル