亜希子が再就職を決意!? 綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』第6話あらすじ
亜希子が再就職を決意!? 綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』第6話あらすじ
TBS系列火曜ドラマ、綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』。8月14日(火)よる10から放送される第6話は、時間は現在となり、宮本亜希子(綾瀬はるか)と高校生となった宮本みゆき(上白石萌歌)の母娘のストーリーがスタートします。ふたりは、「お母さん」「みゆき」と呼び合う関係になっていて…。

前回放送の第5話で、亜希子は宮本良一(竹野内豊)と夫婦の絆を深め、契約としてスタートした結婚から、本当の家族になることができました。今回放送の第6話では、その10年後、みゆきの大学受験を見据え、亜希子は母としてある秘策を講じます。

良一亡き後も、母として一生懸命生きている亜希子

「箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけ」という亜希子の教えを守り、みゆきは教師からも一目おかれるような高校3年生に成長していました。ある日、亜希子はスーパーで働くママ友の矢野晴美(奥貫薫)と会い、話は自然と娘たちの大学進学のことへ。大学は青春を謳歌するために行くのだから受かったところで良い、と考えていた亜希子は、「今は将来何をしたいか、そのためにどこに行ったらいいのかを考えて受験する」と晴美から諭されてしまいます。

すっかり現代っ子に成長していたみゆき

一方、みゆきは、いい大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じ、そのためにもいい大学を受験するつもりでいましたが、成績は伸び悩んでいました。晴美の勧めもあり、亜希子はみゆきが自分の将来についてどのように考えているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのか聞いてみることにします。するとみゆきは、「できればお母さんのようになりたい」と…。

それは、昔の亜希子のような企業の営業職ではなく、現在亜希子がしているデイトレードのことを言っているようです。親は子供を温かく見守ると思っている亜希子は、貯蓄をベースに不足分を投資のリターンで補う形で暮らしてきましたが、ラクして儲ける道があると、みゆきは錯覚していました。

それに気付いた亜希子は、仕事の尊さをみゆきにわかってもらうために、一念発起し再就職することを決意し…!?

第6話は、8月14日(火)よる10時放送

亜希子が選んだ就職先は!? そして、そこにあの人が…!? 第6話はTBS系列で8月14日(火)よる10時放送。

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』 公式サイト
http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/

見逃し配信、桜沢鈴による原作コミックとあわせてお楽しみください。

⇒火曜ドラマ「義母と娘のブルース」作品ページへ
https://music-book.jp/video/title/058L63

⇒原作コミック『義母と娘のブルース/桜沢鈴』作品ページへ
http://music-book.jp/comic/title/71969

(更新日:2018年8月14日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME