top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』アクション監督・横山誠&坂口拓に聞く!「岡田准一さんの柔術は本当にすごい」「殺陣師と話している様な感覚」

ガジェット通信

累計900万部の人気を誇る原作コミック「ザ・ファブル」を、 岡田准一主演で映画化し累計130万人以上を動員した大ヒット映画『ザ・ファブル』がシリーズ化! 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』がいよいよ6月18日より公開となります!

前作『ザ・ファブル』では、主演の岡田を筆頭に超豪華キャストが結集し、 ‟今一番面白いマンガ”と称され、累計900万部の人気を誇る原作コミックの勢いもそのままに、そのハッピーな笑いと超絶アクションで、観客の度肝を抜き累計130万人以上を動員する笑撃の大ヒットを記録。シリーズ第二弾となる『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ではさらにパワーアップしたアクションが炸裂しています。

今回は、本作のアクション監督を務めた横山誠さんと、日本のアクションを牽引し、自身のYouTubeチャンネル「狂武蔵たくちゃんねる」にて公式コラボ動画を公開中の俳優・坂口拓さんにお話を伺いました!

――本作拝見させていただいて、ファブル のアクションがさらにパワーアップしていたと感じました。横山さんはアクション監督を務められていますが、改めて岡田准一さんとご一緒されていかがでしたか?

横山:僕は「○○レンジャー」といった様な特撮作品のアクションが多くて、坂口さんはもっと実践的なアクションをやられています。岡田さんも(坂口さんと)似ている部分があって、岡田さんはジークンドーと柔術といったアジアの実践的な動きを習得されています。なのでファブルの動きに関しては、岡田さんの方が僕より詳しいので、おまかせしている部分も多かったです。岡田さんの柔術は本当にすごくて、タックルとかとても上手なんですよ。

広告の後にも続きます

坂口:へー!そうなんですね、すごい。

横山:僕もレスリングをやっていたのですが、「これは負けるな」と思いました。岡田さんと話していると、会話が俳優じゃなくて格闘家なんですよね。拓さんもそうなのですが、格闘家って人生かけてやっていて、強いこだわりがあるので。自分に染み付いた動きじゃないとやりたがらないですね。カッコ良くても、自分の動きじゃなかったら嘘になるから。

坂口:見ていて、動きが本当に俳優さんじゃないですよね。

横山:そう思います。僕は銃に関しては分からないのですが、岡田さんに「銃の動きはどうしたのですか?」と聞いたら、『図書館戦争』や『SP』の時に海外に行って自分で勉強をされたそうです。銃の扱い方も国だったり流派によって違うので難しい部分もあるみたいですけどね。殺陣師と話している様な、そんな感覚でした(笑)。

――坂口さんは前作『ザ・ファブル』の時もコラボされていてご自身のYouTubeなどで、賞賛されていましたが、改めて岡田さんのアクションをどうご覧になりましたか?

坂口:本物志向の方で、見せ方のポリシーがあるのだと感じます。僕は『ザ・ファブル』の漫画が大好きで、原作者の先生にも会いに行こうと思っているくらいなのですが、映画も面白くて大好きです。岡田さんがすごく合っている。日本の映画は「いや、強くないでしょ」って思う方がアクションをやっている事が多いけれど、岡田さんは絶対に弱く見えないというのがすごい。岡田さんも一つの道を極めはじめている方だと思うので、オーラがにじみ出ているなと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル