top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オードリー若林「テレビが強かった時代に大暴れしていたスタッフ」に苦言 吉住も救われた?

リアルライブ

 6月16日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で、オードリーの若林正恭がピン芸人の吉住を救った番組収録のテクニックが話題となっている。

 吉住は『女芸人No.1決定戦 THE W 2020』(日本テレビ系)で優勝を果たしたが、そこで披露した女審判ネタを色んな番組で振られるようになり、「心が死んでいた」時期があったという。

 ある番組でオードリーと一緒になった時にも「台本に『(女審判で)何か言ってください』と書いてあったが、(若林が)振らないでくださって、めっちゃ泣きそうになった」と語っていた。このエピソードについて吉住は『スピードワゴンのThe NIGHT』(ABEMA)で話していたが、本人を前にしては初だろう。

 ​>>三時のヒロイン福田、ぼる塾キャラ被りにマジ悩み? オードリー若林は「テレビに出すなよ、こんなの」<<​​​

 これに対し、若林は「自分で言うことじゃないけどよくやるんだけど。読み飛ばし。気づいていないフリしてね」と、あえて若手芸人などに対する雑な振りや展開を省いていると話した。これには、ネット上で「若林めっちゃ優しいやん」「若林さんの優しさに溢れたさりげない読み飛ばしに救われた芸能人は多いだろうな」「演者もそうだけど結果として作品や番組も救われてるし、それによって旧時代的な文化が少しずつ薄れていって、視聴者まで救われてるんだよなとしみじみ思った」といった絶賛の声が相次いだ。

 さらに、若林は「かつてテレビって媒体が絶対的だった。クイズや食レポも断ることがあり得なかった。テレビが強かった時代に大暴れしていたスタッフは、まだテレビにみんながしがみついて出たいと思っている」「(台本に)『次呼ぶかわかりませんけど』とか書いてあるけど、いや、この番組は若い子にお願いして出てもらってる番組だよ。『俺たちいいっすよ』って言いかねないことがわかってない」とも苦言を呈していた。これにも、ネット上では「これは本当にその通り」「作り手側が偉そうなんだよな」「テレビが凋落した原因の一つはそれでは」といった声が聞かれた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル