top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

まるでNiziU?令和版「ミルキーの歌」に大反響 作詞の狩野英孝は「キッズたちに届けたい」

J-CASTニュース

お笑い芸人の狩野英孝さんが作詞とボーカルを担当した、不二家のCMでお馴染み「ミルキーの歌」のリメイク曲が、ネットで評判を呼んでいる。

人気アイドルグループ「NiziU」を意識したという楽曲は、バラエティー番組「内村のツボる動画」(テレビ東京系)内の企画、「企業のCMソングを令和風にリメイク」の第2弾として制作された。

テーマは「大人になったペコちゃんの成長物語」

2021年6月16日に放送された番組で、令和風にリメイクされることになったCMソングは、「ミルキーはママの味」というフレーズ有名な「ミルキーの歌」だった。

不二家のロングセラー商品、ミルク味のソフトキャンディ「ミルキー」は21年で70周年になるというが、令和に入ってからCMが作られていないということで、番組に出演した不二家社員も「まさに」と企画にノリノリな様子だった。

アレンジのモチーフにはNiziUが選ばれ、作詞を任された狩野さんは、「大人になったペコちゃんの成長物語」をテーマにした応援ソングにしたいと意気込んだ。

広告の後にも続きます

狩野さんを含む、お笑いタレント4人が「大マジ」になって完成させ、全員がマイクも握った楽曲。番組では、「工場でもぜひ流してみんなで楽しくミルキーを作れたらいいな」などと不二家社員が大絶賛していた。

「必殺技」の擬音語も登場

サビ前の歌詞では狩野さんが作詞をする際の「必殺技」だという、擬音語を使ったフレーズが登場する。

「目を開いて パッチクリン
走り出せ スタッスタッターン
飛び越えろ ピョコピピョーン」

あえて特徴的な擬音語を取り入れる事について、狩野さんは番組の中で「キッズたちに届け」、「興味を持たせるための技」などと説明していた。

ちなみに、狩野さんが本編の作詞に時間をかけすぎたとして、ラップパートの歌詞はお笑いコンビ「はなしょー」の杵渕はなさんが担当したそうだ。番組で放送された「NiziU風ミルキー」のMVは、同日にテレビ東京のYouTubeチャンネルにも投稿された。

楽曲を聴いたユーザーからは、ツイッターやYouTubeのコメント欄で、

「普通に良い歌なんだよなあ…何度でも聴きたくなる」
「CMに起用して欲しいと思った」
「ちょいちょい入ってくるエイコー語にくすっとくるけど、それがいい」

と、そのクオリティを評価する声が。そのほか、「なんかつんくさん感じた。笑」といった反応も見られた。

TOPICS

ジャンル