top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「急な出張で乗った年末の新幹線。何とか席を確保したのに、知らない家族のせいで立ち続けるハメに」(大阪府・50代男性)

Jタウンネット

私は心が狭い人間なのでしょうか――。大阪府在住のN夫さん(50代男性)がJタウンネット編集部宛に一通のメールを寄せた。

20年程前に新幹線内で体験した出来事を、いまだに許せないのだという。

年末、急な出張に行くことになった彼。自由席に座るため、駅のホームに30分前から並んでいた。

その甲斐あって、窓際席をゲット。隣の通路側には老婦人が座っていたという。

しばらくすると車内は混雑しはじめ、通路に小さな娘を連れた母親が立った。子供は当然、「座りたい」と駄々をこねる。

広告の後にも続きます

でも彼は、努力して手に入れた席を譲りたくなかった。

そうこうしていると、老婦人が母子に席を「座る?」と問いかけた。さすがに若い自分が座っているのは、申し訳ない。だから、N夫さんは婦人に席に留まってもらい、母子に場所を譲ったのだが……。

クリスマス前の祝日、通路にも人があふれ……

ずっと心に引っかかる、未だに釈然としない出来事があります。

私の心が狭いのか?相手が非常識なのか?みなさまからの意見を聞きいてみたいです。

20年程前の12月23日。天皇誕生日で祝日でしたが、仕事上のトラブルで急遽、静岡の取引先に出張することになりました。

指定席を窓口で予約しようとしましたが完売。さすがに新大阪から静岡へ立ち乗りではつらいので、自由席を確保すべく早朝の新大阪発の新幹線に、30分前から並びました。最前列でした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル