top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

原田大二郎「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」でテリーは天才だと思った

アサ芸プラス

●ゲスト:原田大二郎(はらだ・だいじろう) 1944年、山口県出身。大学卒業後の67年、「劇団文学座」に入座。70年、映画「裸の十九才」で主役デビュー。75年、「Gメン’75」(TBS系)の関屋一郎警部補役で全国区となる。その後、映画「蒲田行進曲」「敦煌」などの話題作に出演。85年公開の映画「哀しい気分でジョーク」への出演を機にバラエティー番組でも活躍。現在、隔週刊「Gメン’75 DVDコレクション」(デアゴスティーニ)が発売中。

 70年の映画デビュー以降、50年以上にわたって多くの映画やドラマで活躍してきた俳優・原田大二郎。中でもその人気を不動にしたのが「Gメン’75」だ。しかし、放送開始後しばらくして途中降板。その裏では何が起きていたのか。天才と呼ぶテリーだけにこっそり明かしてくれた。

テリー 何年ぶり?

原田 前に高島屋かどこかで会わなかった? あの時、あ、覚えててくれたって、うれしかったんですよ。

テリー 忘れるわけないですよ。仲間だもの。

広告の後にも続きます

原田 ほんとに戦友だよね。僕が「(天才・たけしの)元気が出るテレビ!!」で一緒だったのは「幸福配達人」という企画だけだったけど、「あ、この人は天才だ」と思って。

テリー いやいや。

原田 僕は新藤兼人さんの作品でデビューして、その後もいろんな監督とやってきたけど、天才だと思ったのはテリーさんだけ。なにしろあなたのひと言で(ロケ地の)川崎の商店街が燃え上がっちゃうんだから。

テリー いい時代でしたよね。だけど正直言うと、最初僕は原田さんの使い方がわからなかったんですよ。

原田 たけちゃん(ビートたけし)がゴリ押しで入れてくれてね。たけちゃん主演の「哀しい気分でジョーク」という映画に出た時に小1時間話していたら(明治大学の)先輩後輩の関係だし、「あいつ、おもしろいから使ってくれ」って、たけちゃんが勧めてくれたというのは聞いたんですけどね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル