top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ロシア代表が前半の1点で今大会初勝利。フィンランド代表は連勝ならず【ユーロ2020】

フットボールチャンネル

ロシア代表が前半の1点で今大会初勝利。フィンランド代表は連勝ならず【ユーロ2020】

【フィンランド代表 0-1 ロシア代表/UEFAユーロ2020・グループB第2節】

 ユーロ2020(欧州選手権)グループステージB組第2節のフィンランド代表対ロシア代表戦が16日に行われ、ロシアが1-0で勝利を収めた。

 大会初出場のフィンランドは、相手MFクリスティアン・エリクセンが試合中に倒れるという衝撃の事態となった初戦でデンマーク代表を下して歴史的勝利。一方のロシアは優勝候補ベルギーとの初戦に0-3で敗れ、早くも後がない状況で第2戦を迎えた。

 開始直後の前半4分には、デンマーク戦の決勝点も挙げたFWポーヤンパロがいきなりゴールネットを揺らす。フィンランドが先制に成功したかと思われたが、これはVARによるオフサイド判定で無効とされた。

 その後はロシアが優勢に試合を進め、フィンランドのゴールを脅かしていく。13分にはオフサイドとなったがジューバのシュートが左ポスト直撃。DFマリオ・フェルナンデスの負傷交代という不運もあったが主導権を握る展開が続く。

広告の後にも続きます

 無得点で折り返すかと思われた前半アディショナルタイム、ついにロシアが先制。エリア右でボールを受けたミランチュクが切り返しから巧みにコントロールしたシュートでGKフラデツキーを破った。

 後半立ち上がりにはフィンランドも積極的な攻撃を繰り出したが、決定機を重ねるのはロシア。わずかにポスト外に外れたジェマレトディノフのシュート、フラデツキーの見事な反応で弾き出されたクズヤエフのシュートなどで追加点をうかがう。

 2点目こそ生まれなかったが、ロシアが押し気味のまま1-0で試合終了。今大会初の勝ち点3を手に入れ、グループ最終節に突破への望みを繋いだ。

【得点者】
45+2分 0-1 ミランチュク(ロシア)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル