top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

数々の死闘を切り抜けてきた。ホホジロザメの体に刻まれた無数の戦いの傷跡

カラパイア

ホホジロザメの体に刻まれた戦いの爪痕
 頭から尻尾にいたるまで、無数の傷が生々しく残るホホジロザメの泳ぐ姿をとらえた映像が公開された。

 「白い死神」とも呼ばれるホホジロザメの天敵は、「海の覇者」シャチである。知能の高いシャチは氷の下からの奇襲、群れでの協力、挟み撃ちなど、高度な狩りの技術を持っており、狙われたらひとたまりもない。ホホジロザメと言えども例え逃げられたところで無傷では済まされないのだ。

 他にも海には圧倒的な驚異的存在がある。それはほかならぬ人間だ。人間が仕掛けた罠にかかったり、船を駆動させるスクリューなどに巻き込まれたらやはりただでは済まされないだろう。

Great White Shark Neptune Islands South Australia 4K

ホホジロザメの無数の傷跡

 この映像は、南オーストラリア、ネプチューン諸島でダイバーが撮影したもので、傷だらけのホホジロザメ体長3メートルくらいだったという。

 ホホジロザメはかみそりのような鋭い歯で、ミサイルのようなスピードで獲物を襲う。イルカやオットセイ、アザラシなどの海棲哺乳類を捕食し、時に人をそれらと間違えて襲うこともあり、海の中では捕食上位に存在する。

 だがそれをも凌駕するのがシャチの存在だ。体長6メートル前後の高度な知能を持ち、社会的行動をとるシャチの集団にロックオンされたら無傷では済まされない。その傷跡は体全身に刻まれることとなる。

 この動画のホホジロザメの傷がシャチによるものなのか?それとも船のスクリューに巻き込まれたものなのか、その両方かはわからないが、皮膚が傷だらけの状態になっているのがわかる。
1

優れた治癒能力を持つホホジロザメ

 とは言え、逃げ切れたならラッキーだ。ホホジロザメには優れた治癒能力があることが、ゲノムのマッピング調査で明らかとなっている。

 世界の海で何百万年という生存競争を繰り広げてきた結果、強力な血液凝固因子を持つDNA配列や、新しい肉体の基礎的要素となる足場タンパク質など、早く傷を治すことができるよう遺伝子が独自に順応していったのだ。
4
 このホホジロザメも、体中に刻まれた無数の傷跡が数週間後には完治していることだろう。天敵から逃れ、生き延びることができれば、70年以上の寿命を持つと言われている。

 一方でシャチの寿命はオスは平均30~50歳、メスは50~90年くらい。メスが長生きな理由は、群れの子孫を守るためだと言われている。

追記(2021/06/06)サメの傷は、人間のボートのスクリューに巻き込まれた可能性もあるとの指摘を受けましたので、記事を訂正させていただきました。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル