top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

梅雨時や被災時は食中毒に注意!ペットボトルも?専門家に聞きました

防災ニッポン

ジメジメとした天気が続く梅雨は、食中毒に気をつけたい季節です。日常生活でもそうなのですから、災害で被災した場合には、よりいっそう食中毒への注意が必要になると考えましょう。衛生環境が悪くなりやすいうえに、疲労などによって抵抗力が低下しがちになるためです。

では、どういうところに注意したらいいのでしょうか?料理する場合ではなく口にする際にも気をつけることがあるのでしょうか?食中毒について管理栄養士の尾上雅子さんに聞きました。

食中毒が発生する原因とは?

「そもそも食中毒は、主に食品に付着している有害な細菌やウイルスなどが原因で発生します。中でも細菌による食中毒は、気温が高く細菌が増殖しやすい夏場(6~8月)に多く発生しています」と尾上さんは言います。

湿度が高いと細菌が増殖しやすい環境になるため、梅雨時には特に食中毒に注意が必要です。

食中毒を起こす主な細菌・ウイルスは?

食中毒を引き起こす細菌の代表的なものには、「サルモネラ菌」と「黄色ブドウ球菌」があります。尾上さんに詳しく説明していただきました。

広告の後にも続きます

「サルモネラ菌は、牛や豚、鶏、猫や犬などの腸の中にいる細菌です。十分に加熱していない卵・肉・魚などが原因食品となります。注意したい食べ物として、生卵、オムレツ、牛肉のたたき、レバ刺しなどがあげられます」

「黄色ブドウ球菌は、ヒトの傷口をはじめ、鼻や口の中、皮膚などにいる菌です。手に傷があったり、ニキビなどを触った後に食べ物を触ったりするなど、調理する人の手を介して食品に菌がつくことが多いです。特に、加熱後に素手で扱う食品が原因となります。例としておにぎり、お弁当、巻きずし、調理パンなどがあります」

ウイルスが原因となる食中毒の場合、ほとんどがノロウイルスによるものといいます。冬に多く発生し、ノロウイルスに感染した人が調理した食品を食べたりすることで起こります。感染した人の手や唾、ふん便、嘔吐(おうと)したものなどを介して二次感染しやすいので、注意が必要です。また、ノロウイルスに汚染された牡蠣(かき)などを十分に加熱しないまま食べることで起こるケースもあります。

「つけない」「増やさない」「やっつける」で食中毒を防ごう

では、食中毒を予防するためには、どうすればいいのでしょうか。
尾上さんに「食中毒を防ぐための大切な3つの原則」を紹介いただきました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル