top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

瞬き禁止!10秒で消える「発電所の爆破解体」が話題に。寂しさ募らせる現地民も

笑うメディア クレイジー

イギリスの放送局BCCによると、この発電所は2016年時点で既に閉鎖されていたのだとか。高さは117メートル。新型コロナウイルス感染防止のため、当日は近くで集まらないように地元民に指示を出していたそうです。

これらの解体シーンを収めた動画には、YouTube上でこんな反応が。

「ワーオ、すごい仕事をしたね」

「数千時間かけて作ったものも、一瞬で崩れていくんだな」

「近くに住んでいるけど、今までご苦労様ありがとう」

「私たちがそこを通るときにもう見れないなんて、なんだか不思議だな」

広告の後にも続きます

地元に住んでいた人たちの中には、無くなってしまった切なさを感じている人もいるよう。目の前で見られた人たちは、この数倍の迫力を感じていたことでしょう。ちょっぴり羨ましいかもしれません。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ネタ)

ジャンル