top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『閃光のハサウェイ』3日間で興収5億円超え!「逆襲のシャア」「Zガンダム」「ZZ」“週替わり歴代ガンダム劇場フィルム”2週目入場者特典解禁

ガジェット通信

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が、歴代ガンダムシリーズ最高興収に向け大ヒットスタートを切り、週末の興行収入ランキングにて1位を達成! 大ヒットを記念し新規イラスト&2週目入場者特典の内容が解禁されました!

アムロとシャアの最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から33年――。その世界観を色濃く引き継ぐ富野由悠季氏による小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が待望の映画化。反地球連邦政府運動「マフティー」が挑む新たな戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア、謎の美少女ギギ・アンダルシア、連邦軍大佐ケネス・スレッグの交差する運命を横軸に描く。

ガンダムシリーズでは初監督を務める村瀬修功をはじめ、実力派のスタッフが数多く集結。宇宙世紀最大の衝撃作とも言われる『閃光のハサウェイ』が今、スクリーンで始動する。

公開3日間で動員数25万人突破、興行収入5億円越えの大ヒットスタート!

初週の土日2日間で興行収入330,656,900円を記録。初日の6月11日から13日までの3日間で観客動員数259,074人、興行収入523,943,800円の大ヒットスタートを切り、週末の興行収入ランキングにて1位を達成! 大作がひしめく激戦の中、スクリーンアベレージでも1,537,939円の高記録を叩き出しました!

歴代ガンダムシリーズにて最高興収を記録した『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』(1982 年公開)の興行収入23億円超えを狙える結果となりました。

広告の後にも続きます

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』成績(6月14日 14:00 時点)
興行収入 523,943,800 円 ※6 月 11 日(金)~13 日(日)の 3 日間
観客動員数 259,074 人 ※6 月 11 日(金)~13 日(日)の 3 日間
週末興行ランキング スクリーンアベレージ1位 1,537,939 円
※スクリーンアベレージは 1 スクリーンあたりの興行収入(調査期間は 6/12~13 の 2 日間)
※ランキング上位 15 作品内での記録
※土日 2 日間の興行収入は興行通信社調べ
※3 日間の観客動員数、興行収入は自社調べ
※スクリーンアベレージは興行通信社調べ

大ヒットを記念し、Ξガンダムとペーネロペーの新規イラストを解禁!

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』大ヒットを記念して、Ξガンダムとペーネロペーの特別新規イラストが到着! Ξガンダムとペーネロペーこの2機のMS戦は本編でも大きな見所! 是非、映画館で目撃せよ!

『閃光のハサウェイ』2週目の入場者プレゼント配布作品解禁!

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の入場者プレゼント、5週間限定「週替わり歴代ガンダム劇場フィルム」の2週目配布作品が解禁! 「週替わり歴代ガンダム劇場フィルム」は、歴代のガンダムシリーズから名場面をフィルム化。

3週目以降の配布作品も今後他のガンダムシリーズを配布予定。後日解禁となりますのでお楽しみに!

【2週目(6/18~)の配布作品】
・『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』
・『機動戦士Zガンダム』
・『機動戦士Zガンダム A New Translation 星を継ぐ者』
・『機動戦士ZガンダムII A New Translation 恋人たち』
・『機動戦士ZガンダムIII A New Translation 星の鼓動は愛』
・『機動戦士ガンダムZZ』

※特典はなくなり次第終了となります。
※お一人様一回のご鑑賞につき、入場者プレゼントを1つお渡しします。
※チケット購入特典ではございません。ご入場を伴わない配布はお断りさせて頂きます。
※配布に関する特別な指定がある場合を除きます。
※フィルムの絵柄は選べません。
※制作段階で生じるわずかな初期傷や擦れが理由による特典の返品・交換は致しかねます。
※新型コロナウイルス感染予防のため、劇場の都合により急遽変更になる場合がございます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル