top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

雨で自宅が浸水! 火災保険でどこまでカバーされる?

防災ニッポン

毎年のようにニュースになる大雨や台風の被害。もし、河川が氾濫して自宅が浸水した場合、火災保険の補償対象になるのでしょうか。

浸水による被害も、要件を満たせば火災保険の支払いの対象になります。しかし、水災の補償は各保険会社によって細かい要件があり、損害の程度が一定以上の水準にならないと支払い対象とならない場合や、雨漏りは対象外となる場合などもあります。

この記事では、雨による被害の補償について、いくつかの事例も合わせて詳しく解説します。

雨の被害は保険で補償される?

加入している火災保険の補償内容にもよりますが、水災、つまり大雨や台風などで建物や家財に損害が発生した場合、火災保険が適用になる可能性があります。最近の火災保険は、火事以外の事故や自然災害による損害以外でも支払いの対象としていることがほとんどです。

建物と家財の保険は異なる

建物と家財の火災保険は別物ということを知っておきましょう。

広告の後にも続きます

火災を例にすると、建物のみの火災保険に加入していて、家が火事で全焼してしまった場合、建物は補償されますが、家の中にあった家具や家電製品は補償の対象外です。家財も補償の対象とするためには、建物の火災保険とは別に、家財の火災保険に加入する必要があります。

建物と家財の両方に加入しているという前提で、最も補償範囲の広い火災保険に加入した場合の補償内容は以下のようになります。

どんな被害がどこまでカバーされるの?

では、水災の補償についてもう少し詳しく見ていきましょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル