top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐々木蔵之介、イチケイ最大の難事件に絡む政界の権力者役で出演

テレビドガッチ


佐々木蔵之介が、6月14日に放送される『イチケイのカラス』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の最終話にゲスト出演することが決定。事件の鍵を握る衆議院議員の安斎高臣役を演じる。

民放連ドラ史上初の刑事裁判官が主人公となる爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官で自由奔放で型破りな入間みちお(竹野内豊)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。

前回放送された第10話では、板尾創路が名前を黙秘する被告人役で登場。素性を隠す理由や事件への関与についてすべての謎が解けると、「板尾さんは本当に味のある役者だなぁ」「さすが板尾創路さんはこういう人物が上手い」「めちゃくちゃクセある被告人」といったコメントがインターネット上にあがった。

最終話でみちおたちが扱うのは、大学生の笹岡庸介(菅原健)が自転車事故によって起こした重過失致傷事件と、イバタ工業の地下鉄工事中に起きた落盤事故による業務上過失事件。その地下鉄工事とは、大物議員を父に持つ、衆議院議員の安斎(佐々木)が開発プロジェクトリーダーを務める大型複合施設に関連するものだった。納期に間に合わせるために、イバタ工業が深夜に違法な工事を行い、機材搬入用のガードフェンスを路上に置いたことが自転車事故の一因となった可能性が浮上し、2つの事件は併合して審理されることになる。

落盤事故で亡くなった本庄昭(大西ユースケ)の遺族は日常的な過重労働を訴えるが、イバタ工業や元請けの鷹和建設の職員たちはそれを否定。証言が食い違う中、裁判の争点である“過重労働の有無”を巡り、安斎が何らかの事情を知っているはずだと考えたみちおたちは、彼を証人として法廷に呼び出すことを決める、という緊迫感のあるストーリーが展開される。

政治が絡む複雑な案件に、真正面から対峙することを決めたチームイチケイ。法曹界と政界からの圧力や、事件関係者の隠ぺいにより捜査が困難を極める中、みちおたちは真実を明らかにすることができるのか? 

<佐々木蔵之介 コメント>
私は、衆院議員 安斎高臣役としてイチケイの皆さまと法廷で対峙しました。竹野内さん演じる入間みちおの、内面から溢れ出るやわらかな物腰とあたたかな眼差し。今、被害者が何を必要としているのか? また、被告人に何を伝えてあげたらよいのか? ゆったりと穏やかに、そして強い信念のもと、入間みちおの“正義”がやさしく心地よく伝わって来ます。証言台で思わずグラつきそうになりましたが、そこは踏ん張り演じました。最終話の“職権を発動します”を楽しみにしています。

<最終話 あらすじ>
裁判官であるみちお(竹野内)が、元同僚の弁護士・青山瑞希(板谷由夏)と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載された。そんな折、みちおを呼び出した日高亜紀(草刈民代)は、「地裁の裁判官の任期は10年。任期満了後にはほとんどが再任される。問題のある裁判官以外は――」と告げて……。

みちおの任期終了まであと3週間。再任を実質的に決定するのは、みちおと因縁のある香田健一郎(石丸謙二郎)が事務総長を務める最高裁判所事務総局だった。坂間千鶴(黒木華)や駒沢義男(小日向文世)は、ゴシップ記事の裏で何か大きな力が働いていると考え、みちおが捜査権を発動している重過失致傷事件を検証し直すことに。

事件の被告人は大学生の笹岡庸介(菅原)。自転車競技の大会に向けて深夜に自主練習をしていた際に、左側通行を守らず、家族連れと衝突事故を起こす。その事故で、7歳の少女が意識不明の重体となっていた。笹岡は、角を曲がる際に工事用のガードフェンスがあったために右側を走るしかなかったと主張していた。だが、検察の調べによれば、深夜に工事を行っていた記録は一切ないという。坂間は、大きな力で真実をねじ曲げるなら司法はそれを許さない、と言ってみちおへの協力を申し出る。みちおは、そんな坂間に「この案件が最後になろうとも、僕はいつも通りやるよ」と返すが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル