top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

写真を撮るほど記憶が薄れる「写真撮影減殺効果」を確認(米研究)

カラパイア

woman-638384_640

 写真を撮った分だけ思い出が減ってしまっているかもしれない。米フェアフィールド大学の心理学者、リンダ・ヘンケル氏の研究によると、写真を撮ることで何かを忘れないようにしようとしても、それが逆効果になってしまう場合があるそうだ。

 写真を撮ることが目的となってしまい、実際に体験したことが記憶に残らないというのだ。

写真を撮影すればするほど記憶が曖昧になる「写真撮影減殺効果」

 ヘンケル氏は「人々は何かというとすぐにカメラを取り出しては、ほとんど何も考えずにシャッターを切っている。 実際に自分が体験していることを記憶することを忘れるほどに。」と述べ、フェイスブックやツイッターといったソーシャルネットワークで瞬時に写真を共有することに慣れている今の社会に警告を鳴らしている。

 ヘンケル氏率いる研究チームは、ベラルミーノ博物館のツアーに学生を参加させ、写真を撮りながら見学する学生と、ただ単に見学だけをする学生に分け、いくつかの展示品を覚えておくよう指示を与えた。

 翌日、指定した展示品に関する記憶を調べると、写真を撮影していた学生の方が、見学だけしていた学生に比べて、対象物に関する認識が正確さを欠いていた。

 ヘンケル氏はこの現象を「写真撮影減殺効果」と名付けた。

「物事を覚えておくために技術の力に頼り、その出来事をカメラで記録することで、結局のところ自分自身で積極的に参加しようとする必要がなくなってしまい、経験したことをしっかり覚えておこうとしてもマイナスの効果を与えかねない」と説明している。

smartphone-5231499_640
photo by Pixabay

心の眼とカメラの眼は同じではない

 この実験ではさらに、撮影と記憶に関する別の発見もあった。

 展示品を撮影した学生のうち、被写体の特定の部分をズームアップして撮影した学生は、ズームした部分だけではなく、写真のフレームに収まらない部分についての記憶も残っていたという。

 ヘンケル氏は「こうした結果は『心の眼』と『カメラの眼』が同じではないことを示している」と述べる。

 写真は何かを記憶する助けにはなるが、それはズームアップ撮影のような、じっくり時間をかけて対象物を見直しを行った場合のみで、写真を過剰に撮影すると鑑賞がおろそかになる可能性を指摘している。

 また、ヘンケル氏は「個人の思い出のためにデジタル写真を撮っても、整理していなければ、多くの人は写真を見直したり思い出す気もなくなることを、調査結果を示している。

 記録でなく記憶にとどめるには、写真を撮りためることよりも、撮った写真を眼にする機会を持つ必要がある」と述べている。

phone-802125_640
photo by Pixabay

Top image:photo by Pixabay /References:a href=”http://www.afpbb.com/articles/-/3004873″ target=”_blank” title=”” rel=”noopener”>AFP・telegraph

 スマートフォンなどから手軽に高画質な撮影ができるようになった今、どこでもパシパシ撮影するだけでなく、じっくりと観察して撮影し、それを何度も見返すことで、記録が記憶となって思い出の一ページになるということだね。

 外食に行ったときには必ず写真を撮って「外食記録」を作ろうと思っているパルモの場合には、目の前に料理がでてくると、食べたい気持ちがいっぱいになってしまい、食べてる途中に「あっ、撮るの忘れた!」っていう現象が何度も何度でも続いているわけなんだけど、これは何現象と呼ぶのだろうか?

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル