top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人生100年時代のドラマ『その女、ジルバ』の原作漫画がとんでもなく名作!

ホンシェルジュ

『その女、ジルバ』は40歳からホステスを始める女性とその高齢バーのストーリー。登場人物らの過去も未来も、リアルながら夢もあってグッときます。2021年冬に豪華キャストでドラマ化。「40」というヒロインの年齢が気になった方も多いのでは?

この記事では、原作漫画『その女、ジルバ』全巻のあらすじと魅力をたっぷりとネタバレしていきます。

 『その女、ジルバ』あらすじを紹介!年を重ねても夜の世界で輝く女性たちの物語

『その女、ジルバ』のあらすじは?40歳でホステスになった女性と高齢BARの物語

『その女、ジルバ』1巻

 

主人公は40歳の誕生日を迎え、人生の曲がり角を感じている笛吹新(うすいあらた)。未だ独身で、職場でも出世コースから外され、先行きが不安でたまりません。ある日、帰宅途中にホステス募集の貼り紙を見つけました。驚くことに時給2000円で、条件は40歳以上。目に留まって勢いで、その店BAR OLD JACK & ROSEを訪ねます。扉を開けて中に入ると、新より年上の女性ばかり。なんと、平均年齢70歳の高齢バーだったのです。人生も終わりかと考えていた新ですが、彼女たちに感化され、ホステスの仕事を始めることにします。

勢いでホステスの世界に飛び込んだ新とBAR OLD JACK & ROSEの物語。バーとともに年を重ねてきた女性たちに元気をもらえます。

手塚治虫文化賞を受賞!2021年冬にドラマ化も

 

有間しのぶによる『その女、ジルバ』。手塚治虫文化賞を受賞した作品です。高齢バーを舞台に、主人公が成長する姿を描きながら、ホステスたちの物語もくり広げられます。ヒロインの40歳独身生活のリアルさは共感を呼び、バーの歴史には心に刻まれるような奥深さがあります。

広告の後にも続きます

このバーは戦後少し経ってから開店しますが、いつも笑顔のホステスたちも辛い過去がありました。たくさんの苦労を重ねてきたからこそ、輝かしい今があります。全ての女性に読んでほしい、人生の希望がもらえる作品です。

また、2021年の冬に池脇千鶴主演でドラマ化もされました。テレビドラマを見た方も、この記事を機に、ぜひ原作漫画をご覧ください。原作ならではの展開やキャラの個性も楽しめますよ。

 

『その女、ジルバ』の登場人物を紹介!ドラマ化で注目のキャストも

まず、簡単に『その女、ジルバ』の登場人物とメインキャストを紹介します。ヒロインの新を取り囲むキャラたちは、皆パワフルで楽しい人物ばかりです。

BAR OLD JACK & ROSEのメンバー

『その女、ジルバ』1巻

 

笛吹新(池脇千鶴)

本作の主人公で、40歳独身。スーパーの売り場勤務だったはずが、倉庫へ飛ばされてしまいます。ホステスの仕事を始めてからは、笑顔も増えて外見も中身も若返るように変化。元々運動神経が悪くて苦手だったダンスを克服し、接客を通して日々成長していきます。源氏名はアララ。

  • 1
  • 2

TOPICS