top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人気ナンバーワンの謎だらけ国宝を徹底的に調べてみたら明らかになった意外な秘密〜東京国立博物館「国宝 鳥獣戯画のすべて」

cinefil

当初は昨年の夏に予定されていた展覧会だ。「鳥獣戯画」(正式には「鳥獣人物戯画」)全4巻を、巻き替え・場面替えなしに、全巻をまるごとすべて一度に展示する。ところが思いもかけなかった新型コロナ・ウィルスのパンデミックが起こった。

2015年の東京国立博物館での特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」では、会場に入るまでの待ち時間が2時間3時間となるのも稀ではなく、しかも全4巻でもっとも有名な、1巻めにあたる「甲巻」の行列が会場内でさらに2時間待ちだったりした。

そもそも、そんなに大きな作品ではない。全4巻で長さこそ合計で約44メートルになるが、縦はたった30センチ強。コロナ禍が1年以上続いている今では当たり前になった事前予約制(予約サイトはこちらをクリック )で人数制限は厳格にできても、元々は一人で、巻物を自分の肩幅程度だけ広げて見るために描かれたであろう作品を目当てに、子供も含めて大勢の人が殺到するとなると、どうやっても「密」になるのは避けられそうになかった。

それが今年はなんと、満を持して開催されている。4月25日からは東京での緊急事態宣言発令が美術館・博物館の休館要請を含んでいたために中断されたものの、会期を6月20日まで延長し、開館時間も30分前倒し、閉館を1時間延長して再開されている。

「鳥獣人物戯画」を所蔵する京都・栂尾の高山寺(世界文化遺産)
国宝・石水院 鎌倉時代13世紀

「鳥獣戯画」の見方を変えた画期的な展示方法

広告の後にも続きます

2015年の展示では、「甲巻」にたどり着いた時には、係員や警備員が「立ち止まらないで下さい」と言い続け、とてもゆっくり落ち着いて見ることも難しかった。それも会期の前期に前半、後期に後半と半分ずつだけの展示だったので、あっというまに見終わされてしまった。今では飛沫防止で、そういった声かけもはばかられるし、2時間もの会場内の待ち時間だけでも「3密」になりかねない。

そこで出て来た解決策には驚かされた。いわゆる「動く歩道」を「甲巻」に並行して設置し、観客は歩くのでなく、動く歩道で絵巻に沿って移動しながら見るという。

これなら「密」は防止できるだろう。ただ、話だけ聞くとなんだかベルトコンベアーに載せられるみたい、と思ってしまうのも確かだ。ところが実際に行ってみると、単に「密」防止という以上の意外な効果で、感染防護の苦肉の策には留まらない、おもしろい展示方法になったどころか、これまで見落としがちだった「甲巻」のある本質が、ほとんど初めて今回明らかになった気がする。

まさに目から鱗の体験だ。

国宝 鳥獣戯画 甲巻(部分) 平安時代 12世紀 京都・高山寺 通期展示 冒頭、水遊び

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル