top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スコップとシャベルの違いをチコちゃんが紹介 「大きいほうが…」

ニュースサイトしらべぇ

11日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「シャベルとスコップの違いってなに?」が注目を集めている。


■注目は「足をかける部位があるか」

シャベルとスコップ、サイズ感や柄の長さが違う両者だが、その差について考えたことがあるだろうか。チコちゃんはテーマについて「足をかけるところがついているのがシャベル、ついていないのがスコップ」と回答。

日本産業企画JISによるとショベルは足をかけるところがあるものとされており、それ以外をスコップと呼ぶという。それぞれの道具の用途としては、足をかけて土や砂を「掘る」ことを目的としているのがシャベル、足をかけずに「すくう」ことを目的としているのがスコップである。

手で扱うような小型の道具の場合はJIS規格のようなルールは定まっていない。しかし、大きいものがシャベル・小さいものをスコップと呼ぶ分類で間違いないようだ。


関連記事:NHK『趣味の園芸』出演の川瀬良子 “ザブザブ洗える”バッグをプロデュース

■呼び方には地域差も

広告の後にも続きます

こうした規格こそあるものの、人によって呼び方が異なってくるシャベルとスコップ。番組では、地域に着目して調査を開始。首都圏エリアでは、シャベルとスコップの呼び方が混在しており、結果を得ることができなかった。

しかし、大阪エリアでは、大きいものをシャベル・小さいものをスコップと呼ぶ傾向が強く、愛媛・高知・島根・広島・長崎・鹿児島・沖縄といったエリアでは、大阪と同じルールであることが判明した。

明治時代から大阪でシャベルとスコップを製造している老舗メーカーによると「大きいほうがシャベル(掘る)・小さいほうがスコップ(すくう)」で区別しているのだ。

番組ではさらに調査を続けた。北海道~北陸の北日本(北海道・青森・山形・宮城・新潟・石川)では、8割近くの人が「大きいほうがスコップ・小さいほうがシャベル」と回答。西日本とは真逆の関係となった。


■関東で呼び方が混在する理由は…

テーマの解説をしていた大阪大学の真田信治名誉教授は、西日本と北日本で呼び方が異なることについて、「西日本では大型で『掘る』ために使っていたものをシャベルと呼ぶのに対し、雪が多い北日本では、大型の道具で雪を『すくって』いたためスコップと呼んだのでは?」と見解を示した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル