top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【あの頃のロマンポルノ】第12回 伝説のSM女優 谷ナオミ インタビュー

キネマ旬報WEB

2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえました。それを記念して、「キネマ旬報」に過去掲載された記事の中から、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げていく特別企画「あの頃のロマンポルノ」。キネマ旬報WEBロマンポルノ公式サイトにて同時連載していきます。

今回は、1979年発行『キネマ旬報』8月下旬号に掲載されました、女優・谷ナオミのインタビューを転載いたします。 

1919年に創刊され100年以上の歴史を持つ「キネマ旬報」の過去の記事を読める貴重なこの機会をお見逃しなく!

ニッポン個性派時代 女優・谷ナオミ

 「もちろん引退は、結婚ということもありますけど、私30歳ですし、お肌の曲り角ばかりじゃなくて、体の曲り角でもあるんですよ。特に私の場合、SMということでハードですから、体を維持してゆくのが非常に大変なんです。機械でもフル回転してると、どこかしら悪くなるのと同じで『縛りの後遺症』とでもいいますか、それが出てきたんてす。」

 6月26日、引退記念作品『団鬼六 縄と肌』』の追いこみたけなわの、調布のにっかつ撮影所に谷ナオミさんを訪ねた。今回は特に強行なスケジュールで、朝5時に家を出て、帰ったのが翌朝6時半という日もあったとか。インタビューも宣伝部の部屋で10分、スタシオのセットで15分といった慌しさ。けれど、しっとり和服の谷さんは、支離滅裂な僕の質問にも、快く応えてくれた。とにかく貫禄があった。謙虚さがあった。気高さがあった。

広告の後にも続きます

 「まずは体を直したいと。素ッ裸ですからね、私のSMは全くのトリックなしなんです。去年、撮影中にダウンしちゃったんです。急にオナカが6ヵ月くらいに腫れあがっちゃって。腹膜からラッパ管、内臓が炎症おこしてるっていうんです。ドクター・ストップがかかりまして。主人(歌手・大連鉄郎氏)も大反対しましたけど、無理して撮影やっちゃったんです。とにかく体のいろんなところに、大きなシコリができてるんですよね。」

 デビューして12年、出演作品は200本を超えているという。

 「私、芝居が.好きでしたし、初め松竹のお話があったんです。でも博多ナマリがひどいんで学校に入りなさいと言われたんですよね。けれど学校に行ったにしても、岩下志麻さんや吉永小百合さんのようになれるという保証がないわけですよ。生活もかかってますし、好きな芝居がてきる、主役をやれるというのは、その当時ピンクしかなくて。裸になんなくちゃいけないけども、小さくてもいいから一番になりたいと思って、今日まで頑張ってきたんです。」

 初めは人妻とか女学生の役が主だったが、小森白監督の刑罰史シリーズに出演した時、縛りや吊しに耐えられる女優が谷さん以外になく、そんなことから、このテの映画に起用されることが多くなる。

 「そんな時分に団鬼六さんが、本を書く上においてイメージに出てくるのは谷ナオミである、と言われて。『縄が似合う女性』ってのは、色んな条件があるらしいですね。たとえば長い黒髪で、和服が似合って色白で、縛れば縄がドクッと食い込むようなものであるとか。こう、やさしいだけじゃなく、ちょっときつい顔の。それにピッタリらしいんです。それでまあ、何となくSMを続けてきたんですけど。やはり役者ですから、色んな役柄をやれなくちゃいけないと思うんだけれど、自分にしかできないものを一つ持っててもいいんじゃないかと。それがたまたま、私の場合SMだったということですね。」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル