top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

剛力彩芽と山田孝之“初共演”の2ショット!剛力主演作に山田「映画の神様が下りた」

TOKYO HEADLINE

 国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2021」のオープニングセレモニーが11日、都内にて行われ、司会を務めた剛力彩芽と山田孝之をはじめ、豪華な顔ぶれが登壇した。

 今年で23回目を迎える、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭。

 華やかなオープニング映像の後、オープニングMCを務める剛力彩芽と山田孝之が登場。山田は「過去の映画祭にゲストとしてセレモニーに参加させていただいたのですが今日はまさかのMC。大丈夫か、SSFF & ASIA」と言えば、剛力も「まさか私もステージの一番近いところでオープニングを見届けられるとは」と司会役に感激。

 続いて登場した映画祭代表の別所哲也も「現在進行形で映画界を支える山田さんと剛力さんに参加してもらい光栄」と感激。実はこれまで共演経験がないという剛力と山田に別所は「じゃあこれが“初共演”ですね」と驚き。

 

広告の後にも続きます

“初共演”に、にこやかな笑顔を見せた剛力と山田だったが、それぞれ自身のプロジェクトをどちらが先に紹介するかをかけ、ジャンケン勝負をすることに。山田は「私はズルをします」と宣言をしたが、剛力にブラフは通じず。あっさりジャンケンで剛力に負けた山田は「まだ剛力さんのことを分かってなかった」とがっくり。

 見事ジャンケン勝負に勝ち“オープニング上映”を勝ち取った剛力。主演作『卵と彩子』が上映されると、恋人と別れ一人で出産をしようとする主人公を演じた剛力に会場からも大きな拍手が送られた。

 妊婦姿でのダンスシーンや迫真の出産シーンに感嘆しきりの別所と山田。「私も経験がないので監督と話しながら演じていきました」と言う剛力に別所が「俳優は想像力ですね」。山田は「そう考えると僕ら男性も出産シーンを演じられるかもしれません」と半ば本気の表情。

 また、海辺を一人歩く剛力の手前を猫が一緒に歩くという印象的なシーンは、まったく偶然に猫が現れたと剛力が明かすと、山田も「そういうとき映画の神様が下りたと言いますよね」と共感していた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル