top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本店でも人気の“焼豚の食べ比べ”を楽しめる! セブン‐イレブンが「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しW(ダブル)焼豚つけ麺」を発売~より厳選した小麦使用の極太麺、豚感増しの濃厚スープに一新

ネタとぴ

 セブン‐イレブン・ジャパンが、「中華蕎麦とみ田」店主監修による「冷しつけ麺」をリニューアルした「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しW(ダブル)焼豚つけ麺」を、全国のセブン‐イレブン(沖縄県を除く)で、2021年6月15日(火)から順次発売します。価格は550円(税込594円)。なお、一部店舗により取り扱いの無い場合があります。

 全国的な人気を誇る、千葉県松戸市の行列が絶えない同店店主監修の「冷しつけ麺」は、現在、オリジナル商品「とみ田監修 濃厚豚骨魚介味玉冷しつけ麺」として販売し、好評とのこと。今回、本店でも人気の“焼豚の食べ比べ”を楽しめるように、2種の部位のチャーシューを盛りつけるとともに、より厳選した小麦を使用し食感良く仕上げた極太麺と、豚感をさらに感じられる濃厚スープにリニューアルしたとしています。

 同社では「“おうち”でも楽しめる本格的な味わいを追求した商品の発売を通じて、豊かな食卓ニーズに対応していく」とのことです。

パッケージシュリンクイメージ

 具材は、ロースと肩ロースの2種類の豚肉を、しっとりとした焼豚に仕上げて盛り付け、お店でも人気の“食べ比べ”が楽しめます。さらに、青ねぎ、メンマに加え、唐辛子や山椒を合わせた、本店でしか味わえない特製調味料「味変辛味」がトッピングされています。

 スープは、醤油のキレのある濃厚な豚骨魚介スープは、新たに豚皮も加えて煮込むことで、より豚感を感じられる濃厚な味わいに仕上げたとのことです。麺は、主に小麦の中心部分のみを使用した特等粉で製麺することで、小麦風味豊かで、もっちりとした食感の極太麺に仕上げたとしています。

広告の後にも続きます

 熱量は838kcal。たんぱく質43.4g、脂質27.0g、炭水化物109.9g(糖質:100.8g、食物繊維:9.1g)、食塩相当量6.2g。

※画像はイメージです。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル