top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マイナンバーカードは「デジタル社会で威力発揮」 平井デジタル担当相、農水省YouTubeで語った利点と展望

J-CASTニュース

平井卓也デジタル改革担当大臣(63)が、農林水産省公式YouTubeチャンネル「BUZZ MAFF ばずまふ」の動画に出演し、マイナンバーカードの利点や今後の展望を語った。

動画は2021年6月10日に公開され、タイトルは「内閣官房に凸撃してみた。タガヤセキュウシュウ」。農水省九州農政局出身の若手職員・白石さんの質問に平井大臣が答える形で進行し、平井大臣はマイナンバーカードについて「デジタル社会で威力を発揮するカード」などと力説している。

「内閣官房に凸撃してみた」

動画で白石さんは「(マイナンバーカードは)今すぐ取らなくてもいいんじゃないかって思う方いらっしゃると思うんですよね」と疑問をぶつける。すると平井大臣は、「4月までに申し込むとマイナポイントが5000ポイント。マイナンバーカード申し込みはものすごい勢いで増えていて、もうすぐ5000万人」と答えた。

続けて平井大臣が、「マイナンバーカードってついついデジタル化の話にいっちゃうんだけど、その前に国民の身分証明書なので、今まで日本国民は身分証明書持ったことがないの。だから運転免許証使ってたり、健康保険証使ってたり…」と話すと、白石さんが「(運転免許証は)運転の免許という用途があって、それを身分証明書の代わりに使っていたんですよね」と尋ねた。

平井大臣はそれに頷き、

「健康保険証もそうでしょ。最初に、全国民が身分証明証を持った方がいいでしょと、これがアナログの世界の話ね。その身分証明書は今の時代だからデジタル上でも使えた方がいいでしょ。で、ICチップが入っているわけです」

広告の後にも続きます

と、マイナンバーカードを取得してほしい理由を語った。

続けて、白石さんが「農林漁業者って高齢化とか進んでいますし、たとえば運転免許証の返納を返納される方もいらっしゃると思います。そういう方の身分証明になるのでは?」と尋ねた。平井大臣は

「そうです、あとは小学生とか中学生…学生証じゃ、本当の身分証明書にはならない。これからデジタル社会になっていくので、デジタル社会で威力を発揮するカードっていう設計になっていて、運転免許証の情報も紐づくし、健康保険証の情報も紐づくし、行政の手続きもそれを使って、インターネット上でできちゃう」

と付け加え、マイナンバーカードの取得意義を再度視聴者に伝えた。

「これだけは言いたいことがあります」

スクリーンはそこで切り替わり「これだけは言いたいことがあります」と映し出した。白石さんは九州で働いていたときに、九州地方で川の氾濫や崖崩れなどの被害が発生し、多数の死傷者を出した「令和2年7月豪雨」を経験したが、担当地区が被災地であったことを説明した。そして、

「復旧のための補助金の申請のための書類ってすごい莫大じゃないですか。横に並べたら50センチくらいなんですよね。その申請手続のために役所の職員の方々がすごいクマができて、今にも倒れそうなくらい疲弊されていたのを去年1年間見てきまして、行政のスマート化の大切さを肌で感じたんです」

と訴えた。

平井大臣は、「そういう面はマイナンバーカードさえ持って避難してくれると助かるようにしていきたいと我々は考えている」として、次のように今後の展望を示した。

「マイナンバーカードだけ持って逃げた時に、それ(マイナンバーカード)によって自分が自分であることを証明ができる上に、例えば、罹災証明書を申請する場合とか、今我々がやっていますが、自分がどんな治療を受けて、どんな薬を飲んでいるかっていうデータ、これをマイナポータルから見れるようにするんですね。だから今回は(新型コロナウイルスの)ワクチンを打ったかというデータも来年には見られるようにはなる。

いろんなことをもっともっと電子化すれば便利になるんだけど、我々は、(災害時に)マイナンバーカードさえ持って逃げてくれたら、生活が困らないようにしたい。生活復旧には、銀行からお金を引き出すとか、これも今回の法律でできるようになる。というのが1つ。

そして、避難所にいる人たちが、自分の体のことを説明しなくちゃいけないんだけど、わざわざ主治医に相談して『私の体のコンディションを説明してくれ』って言っても大変でしょ? だから、そういうやつをちゃんとマイナンバーカード、マイナポータルから引き出せるようにする。

それ以外にも令和4年からは携帯電話にマイナンバーカードの機能が入れられるようになる、。そうすると、災害の時に携帯だけ持って逃げちゃえば、あとはなんとかなるという風にしたい。これはまだ道半ばなんだけど、携帯さえ持って逃げたら、全ての行政手続きは60秒以内に完結するように我々はシステムを作り変えようとしている」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル