top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「今年のボディビル大会すべて辞退します」 握力70→13kgに…ギラン・バレー症候群公表の筋肉系YouTuberに応援続々

J-CASTニュース

「じゃあ、ジム行く?」というセリフでお馴染みの筋肉系ユーチューバー・芳賀セブンさんは2021年6月10日、手足に力が入らなくなる「ギラン・バレー症候群」を発症し入院することになったと自身の公式YouTubeチャンネルで報告した。

1週間後に迫ったボディビル大会に向けて体を鍛え上げてきた。110kgあった体重を88㎏まで引き締め、ポーズの練習にも励んでいた。しかし今では未開封のペットボトルのキャップを開けることさえ困難だという。

ボディビル大会に向け直前までトレーニングを続けていた

芳賀さんは、6月上旬ごろから体の不調を動画で訴えていた。5日には「薬飲んでも下痢が1週間以上続いてるので点滴してる」と病院にかかったことを報告している。そして9日、足や腕が動かないといった不調が現れた。夜には、歩くことすら困難になり救急車を呼んだとツイッター上で報告していた。

手足の異変を訴えた翌10日、芳賀さんは横浜市内の大病院で入院していると自身のYouTubeチャンネルで明らかにした。「ギラン・バレー症候群」を発症したといい、「今年のボディビル大会はすべて辞退しますという動画内容でお送りいたします」と説明している。

近畿大学病院の公式サイトによれば、ギラン・バレー症候群は末梢神経の障害で、急に手や足に力が入らなくなる病気だという。人口10万人当たり年間約1~2人がかかるという病気で、免疫に異常が起こり自身の神経を攻撃することで起こるとしている。

広告の後にも続きます

芳賀さんは、経緯を語り大会をあきらめることへの悔しさをにじませる。

「一昨日、入院する直前までトレーニングやっていました。足トレ死に物狂いで動かして、重量も全然扱えないし、スクワット60kgヒーヒー言ってたし、おかしいなと思いつつカロリー落としているからそれで体が枯渇状態なんじゃないかなと思ってたんですけど、頑張って有酸素運動もしたんですけど、どうやら病気だったらしいです」

お世話になった人々に病気を報告する中で、「久々に泣いた」とこぼした。

病院食は「減量中よりもカロリー低い」

もともと約70kgあった握力は、右手は13kg、左手は21kgにまで落ちてしまった。こうした苦難に立たされるも芳賀さんは、「今こそ、筋トレで得たポジティブシンキングを発揮する時」と治療に励む。

入院後初の病院食に対してはツイッターで10日、ボディビルダーならではの感想を述べている。

「多くできても1日トータル2000kcalらしい。減量中よりもカロリー低い。何とか4000キロカロリーは欲しいのだけど…ちょっと栄養士の先生に相談。言うだけ言ってみよう」

タンパク質と摂取カロリーが足りないとして、2食目以降は自身で買い足したものと差し入れで得た食材で摂取カロリーを1日6000キロカロリーに引き上げるという。11日にツイッター上で公開した病院食には、サラダチキンやサプリも並びかなり豪華になっていた。

ファンからは「食欲あって安心しました!ゆっくり治してください!」「健康第一でボディメイク 頑張ってください」などと応援の声が寄せられた。

TOPICS

ジャンル