top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

素潜り漁師マサルにGUNMA-17もKiiiを退所 社長交代に加えマネジメント面でも不満噴出

yutura

社長交代をきっかけにYouTuberの退所報告が相次いでいる大手事務所「Kiii」について、新たに「GUNMA-17」(登録者数71万人)と「【素潜り漁師】マサル」(同61万人)の退所が明らかとなりました。

GUNMA-17は「社長についていく」

ものづくり系YouTuberとして70万人の登録者を抱えるGUNMA-17は8日、サブチャンネルに投稿した動画を通じて「Kiii」からの退所を報告。
株主による代表取締役の交代に不信感を抱いたとしたほか、すでに退所を報告しているクリエイターらと同様に「社長についていく」「今の自分があるのも、社長が作ってくれたから」と、これまで事務所を切り盛りしてきた社長への愛着も語っており、今後は元社長が立ち上げる事務所に所属する考えを明らかにしています。

また動画の中では、「ゆりもりもKiii辞めるんだもんな…」と、今年2月に結婚を報告していた大食いYouTuberで妻の「ゆりもり」(登録者数8.9万人)の退所をほのめかす発言もしています。

社長交代で事務所運営にも不備か

10日には、今度は「【素潜り漁師】マサル」(登録者数61万人)がYouTubeに投稿した動画を通じて「このたびKiiiを脱退させていただくことにしました」と報告しています。

広告の後にも続きます

退所の経緯についてマサルは、社長の交代をきっかけに個人的に楽しみにしていた案件が「自然消滅」したことや、明らかに重要と思われるメールが事務所で止まり、自分のところに連絡がまわらなくなるなどの不備が相次ぐなど、「所属してる意味がない、じゃなくて、所属して機会損失まで生まれてるような状況」になりつつあったことを告白。
そうしたマネジメント面の不満を事務所に訴えたところ「マネジメントってそもそも何をするのか(契約書に)明記されていないよね。具体的に何をしていないのか教えてください」といった返答をされたことで事務所への不信感が募り、退所を決意したと説明しました。

クリエイター流出に歯止めかからず

ブライアン」(登録者数274万人)や「ラファエル」(同179万人)らが所属する大手YouTuber事務所として知られるKiiiですが、今月4日に「チャンネルがーどまん」(同177万人)が退所の意思を明らかにしたことをきっかけに、クリエイターらの退所報告が相次いでいます。

6日時点ですでに「きまぐれクック」(同431万人)や「とっくん」(同64万人)、「MAKIHIKA」(同45万人)をはじめ8組以上のYouTuberの退所が明らかになっていましたが、社長交代による衝撃は今もなおおさまる気配を見せていません。

関連記事
チャンネルがーどまん、所属事務所退所を報告
ジャックポットらもKiii退所を報告 退所クリエイターはこれで8組に

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル