top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アンタ柴田、ノリが軽すぎてツッコまれる 「またどこかでやらかします」

fumumu

10日放送の『ダウンタウンDX』 (日本テレビ系)に、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣さんが登場。

ノリの軽さについてツッコまれてしまう一幕がありました。


■「みんなが楽しくなるスペシャリスト」と絶賛

「芸人が芸人をほめる&けなす」をテーマに放送した今回、まずはお笑いコンビ・次長課長の河本準一さんが、柴田さんを「横にモンスターがいる。高速で何を言うか分からない人に対して、ムチャクチャなテンポで返している。僕が言ったこともツッコんでくれて、最後はゲラゲラ笑ってくれる。みんなが楽しくなるスペシャリスト」と絶賛します。

さらに、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬さんも「僕が上京してきたときのアンタッチャブルはすごくて…。どのライブでも、スベッたところをマジで見たことない」と明かしました。

しかし「ただ、毎回アドリブみたいな感じでやるんですよね。次も、同じくだりなのにアドリブみたいにやる」と指摘され、周囲から「恥ずかしっ!」と爆笑されてしまいます。


広告の後にも続きます

関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■「毎回同じところでひっくり返っている」

スピードワゴンの井戸田潤さんは「俺たちは、そこがいいと思ってる」とすかさずフォローしながらも「舞台袖で見ていると、毎回同じところでひっくり返っている」とツッコまれてしまい「アドリブだよ全部」と反論する一幕もありました。

また、お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基さんは「僕も意見は全く同じ。ザキヤマさんという馬から振り落とされてるのか、わざと落馬しているのか分からないくらいのテクニック」と述べました。

しかし、柴田さんは「全部振り落とされてるんだって。全部アドリブだよ! 面白過ぎて笑ってるだけ!」と訴えました。

■けなした“人間的な部分”とは

そして、お笑いコンビ・ロッチのコカドケンタロウさんは「大阪の漫才のツッコミのノリやテンポを東京弁でやった初めての人」と発言します。

一方、ロッチの中岡創一さんは「僕がけなすのは人間的な部分。格好やしゃべり、メガネ。全体的に詐欺師に見えるので、僕は素直に笑えない。楽屋挨拶のとき『挨拶に来てくれてありがとう』と言ってくれるので『優しいな』と思うんですけど…。僕はそれが怖い」と語りました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル