top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

谷繁元信「ずる賢さが足りない」と指摘。セ・リーグ捕手を細かくチェック

web Sportiva

谷繁元信のパ・リーグ「捕手診断」はこちら>>

 今季のプロ野球は開幕から約60試合を消化し、セ・リーグでは阪神が一歩抜け出している。得点はリーグ1位タイ、失点は同2位と、攻守にバランスのいい戦いぶりだ(成績は6月9日時点)。

 好調のポイントは枚挙にいとまがないなか、立役者のひとりに正捕手の梅野隆太郎が挙げられる。全56試合のうち54試合で先発マスクをかぶり、打率.228(リーグ24位)、18打点(リーグ22位)。チーム防御率3.36(リーグ2位)と投手陣をうまくリードしている。


好調な阪神の投手陣を牽引する梅野隆太郎

 通算27年の現役時代に捕手としてゴールデングラブ賞に6度輝き、2014年から2016年まで中日の監督を務めた谷繁元信氏は梅野をこう評す。

「今年はすべていい。もともと打力はありますが、とくに今年はチャンスで意味のある打点を挙げている。チームの勝率も防御率もいい数字が残っていますしね」

広告の後にも続きます

 チームに定位置がひとつしかない捕手は、評価の難しいポジションだ。とくに賛否両論寄せられることの多いリードは「正解がない」。

 では、首脳陣は捕手をどのように評価しているのだろうか。自身も長らくマスクをかぶり、監督経験もある谷繁氏が説明する。

「リードがよくても勝てない時はあるし、逆に悪くても勝てる時はあります。リードは評価しづらいものだから、マスクをかぶっていた時の防御率と勝率、それに盗塁阻止率、パスボールの少なさなど数字で評価します」

 強肩に定評のある梅野だが、今季の盗塁阻止率.231はリーグ5位。捕逸2はリーグ最多タイだ。ただし、現段階では母数が少なく、評価の対象にしにくい。

 もうひとつの持ち味がブロッキング、つまりワンバウンドのボールを止める技術だ。股関節が硬いなどブロッキングに難がある捕手の場合、投手はベース板の前で落ちるような変化球を使いにくくなり、配球に影響が出ることもある。梅野のブロッキングは谷繁氏の目にどう映っているだろうか。

「うまい部類に入ると思いますね。個人的にはそれほどいい形に感じないけど、結果的には止めています。あれだけ止めるということは、ピッチャーからの信頼はあると思います」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル