top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2022年1月醸造開始予定!浦安で神輿とビール醸造から「ハレの日」づくりを目指す「祭醸造 matsuribrewing」始動

ワイン王国

2021年6月5日(土)、千葉県浦安市当代島にオープンした「祭醸造」は、9タップを備えて、国産クラフトビールを提供するビアバー。グラウラーでのテイクアウトサービスや約50種類の国産クラフトビールの缶・ボトル販売も行う。

2021年は国内のさまざまなブルワリーで委託醸造したオリジナルビールも提供し、2022年からは自ら醸造を行い、将来的には祭醸造のハウスビールを提供するブリューパブを目指している。

[ 関連記事を読む – matsuribrewing ]

他業種ブランドとのコラボを通じて新しい価値を提供

旧江戸川エリア発のクラフトビールブランド「祭醸造matsuribrewing」。
代表を務める伊藤源一氏は、日本の約4割の神輿を製造する街、行徳に生まれ、大正時代末期から行われている「浦安三社例大祭」や日本各地の祭りが集う「浦安フェスティバル」などが開催される祭りの街、浦安で育ったことから、同ブランドの立ち上げを決意。

広告の後にも続きます

国産クラフトビールを通して「ハレの日づくり(=家や屋外で家族や友人との幸せな時間づくり)」のお手伝いをしたいという思いから、「神輿とビールづくりからハレの日づくり」をコンセプトに祭醸造プロジェクトをスタートした。

自家醸造に先駆けて浦安にオープンしたコンセプトショップのビアバーは、さまざまなブランドのショーケースとしての役割も担っている。そのひとつとして、同店の内装には創業150年の老舗床材メーカーikutaが開発した特殊なフローリングの端材をインテリアとして採用。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル