top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鷲見玲奈が水谷隼に聞く東京五輪。丹羽孝希との異色ダブルスは「まったく違う競技を見ている感覚になる」

web Sportiva

鷲見玲奈連載:『Talk Garden』 第9回
ゲスト:水谷隼(プロ卓球選手)

昨年から連載が始まったフリーアナウンサー・鷲見玲奈さんの連載企画。第9回は、東京五輪に出場する卓球日本代表・水谷隼選手(木下マイスター東京)を迎えた。

テレビ東京時代には世界卓球やTリーグのリポーターを務め、水谷選手を何度も取材してきた鷲見さん。久々の再会に、お互い笑顔で言葉を交わしながら対談がスタート。オリンピック延期後の1年間を振り返ってもらいながら、同じ日本代表メンバーの張本智和選手、丹羽孝希選手について話を聞いた。


対談を行なった水谷準選手と鷲見玲奈さん


鷲見 まず2020-21シーズンを振り返っていただけたらと思います。コロナ禍で難しい状況だったと思いますが、どのような1年でしたか?

水谷 ほとんど試合がなかったので、なかなか自分の状態を確かめることができませんでした。唯一、Tリーグが1シーズン開催されたのは大きかったですね。残念ながら(所属する)木下マイスター東京は3連覇を達成できませんでしたが、個人としてはシングルスで13勝とけっこう勝つことができたので、悪くはなかったと思います。

鷲見 点数をつけるとしたら100点満点で何点くらいでしょうか。

水谷 70点ぐらいですかね。まだまだ伸び代はあると思っています。

鷲見 本来であれば昨年のTリーグ開幕前に終わっていたはずの、東京五輪が延期になった時のお気持ちを聞かせてください。

水谷 いろんな意味で「かなり難しいな」という気持ちはありました。国内外の試合がすべてなくなってしまいましたし、いつ試合ができるのかわからない。練習をするにもいろんな制限がありました。そういう経験をしたことがなかったので本当に苦労しましたね。

鷲見 その中で、モチベーションを維持するのは大変だったと思います。

水谷 そうですね。「オリンピックのために頑張らなきゃ!」と思いつつも、「やっぱり開催されないのかな……」と落ち込んでしまうこともあって。けっこう気持ちに波がありました。でも今は、本番が近づいてきて少しずつ現実味を帯びてきたので、モチベーションは非常に高まってきています。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル