top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『VS魂』に“金欠”疑惑? 視聴者呆れ「予算ないのかな」「もったいない」

まいじつ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

6月10日放送の『VS魂』(フジテレビ系)で繰り広げられた、ある企画の放送時間が長過ぎると話題になっている。視聴者からは「予算ないのかな」と疑う声まで飛び出した。

【関連】『VS魂』キンプリ岸優太が涙!? “ブチギレ芸人”に批判「嫌な気持ちになる」 ほか

『タカアンドトシ』、『平成ノブシコブシ』、とにかく明るい安村らがゲスト出演し、「チーム北海道」として「魂チーム」と対戦。番組冒頭から対決コーナー「キキトリ魂」を放送した。

あらかじめ答えを知らされた代表者の安村に、チーム北海道のメンバーが質問を繰り返し、答えを当てるゲーム。質問者の中から密かに答えを知っている「インサイダー」の存在を狩野英孝、『Sexy Zone』佐藤勝利が当てることに。狩野は吉村、佐藤はタカと予想したが、インサイダーはトシで不正解だった。

同じコーナーが30分以上続き…

広告の後にも続きます

エピソードトークやCMを交えながら同コーナーは進行。両チーム3回ずつクイズを交互に繰り返し、30分以上このコーナーを放送した。この後、「アローシューティング」「クラッチゲッター」に移行して番組は終了した。

同番組では水谷千恵子こと友近らを迎えた3日放送回でも、およそ30分をかけて「キキトリ魂」を放送している。視聴者は番組の大半を占める同コーナーに飽きてきたもよう。大がかりなセットを必要としないコーナーを見て、制作費が足りないのかと呆れている。

《キキトリ魂何回するの? まぁ、いいけど》
《キキトリ魂3回は多くない…?》
《3回戦もやるんだったら別のゲームかトークの時間増やしてほしい…》
《もう番組名を『VS魂』から『キキトリ魂』に変えた方がいいんじゃないか》
《キキトリ魂3回もやってると予算ないのかなって思っ…ちゃ…》
《キキトリ魂面白いんだけど驚くほど長いんだよなwwwww 30分も使ってるよwww》
《番組の半分がこれなのもったいない 結構この流れ多いよね?》

違うコーナーを入れて人気回復を図りたいところだ。

TOPICS