綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」第5話視聴率発表 自己最高を更新
綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」第5話視聴率発表 自己最高を更新
【義母と娘のブルース/モデルプレス=8月8日】女優の綾瀬はるかが主演を務めるTBS系火曜ドラマ『義母と娘のブルース』(毎週火曜よる10時~)の第5話が7日に放送され、平均視聴率が発表された。

【Not Sponsored 記事】
【義母と娘のブルース/モデルプレス=8月8日】女優の綾瀬はるかが主演を務めるTBS系火曜ドラマ『義母と娘のブルース』(毎週火曜よる10時~)の第5話が7日に放送され、平均視聴率が発表された。

綾瀬はるか (C)モデルプレス
第5話の平均視聴率は平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第1話は11.5%、第2話は11.3%、第3話は12.4%、第4話は12.2%となっており、初回から5週連続で2桁の好調キープし、第5話で自己最高を記録した。

◆綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース」

麻生祐未、竹野内豊、横溝菜帆、綾瀬はるか、佐藤健 (C)モデルプレス
同作は、桜沢鈴氏による同名4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、娘を持つ男性・宮本良一(竹野内豊)からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間のハートフルストーリーとなっている。

ほか佐藤健、上白石萌歌、横溝菜帆、麻生祐未ら実力派俳優陣たちが出演する。

◆第5話あらすじ

竹野内豊、綾瀬はるか (C)モデルプレス
第5話では、みゆき(横溝)と自転車の練習をしていた良一(竹野内)が突然倒れる。良一を心配するみゆきに亜希子(綾瀬)は、思いもよらない事実を伝える。

亜希子は良一の入院中、一生懸命、妻としての任務を果たそうとするが、妻としての普通の役割を果たせていない自分に気づき激しく猛省してしまう。そんな亜希子に良一は、無理をしないで欲しい。入院してしまったことで会社に迷惑をかけてしまい、お詫びに行って欲しいと頼む。

しかし、良一の上司である笠原(浅野和之)から、入院中も良一の査定をキープしたいなら代わりに亜希子が出勤して競合プレゼンを成功させてほしいと提案されてしまう。それを聞いた良一は、自分は簡単に替えがきく人間なのだと拗ねてしまう。そして、一緒に治療に専念しようとする亜希子に対して、心にもない一言を発してしまうのだった。

一方、みゆきはみゆきなりに、落ち込む亜希子の異変を感じ、ある提案を持ち掛けることを決心。良一もまた、亜希子に八つ当たりをしてしまったことを悔やみ、治療に専念することを誓う。亜希子も、良一も、みゆきも家族のため、一生懸命に一日一日を生きていく―

そして、いよいよ競合プレゼン当日。桜金属工業の笠原、猪本(真凛)を引き連れやってきた亜希子の前に現れたのは…

良一のためにプレゼンを成功させるべく一生懸命な亜希子だったが、奇しくも同じ日に良一の検査結果が出ることに不安を抱いていた。誰もがただただ奇跡が起こるのを望んでいた…という展開だった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
(更新日:2018年8月9日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME