top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

超レアな三沢光晴のサインも。プロレス大好き芸人が明かす収集時の裏話

web Sportiva

プロレス大好き芸人
ジグザグジギー宮澤聡が選ぶ「最高レスラー」 前編

「キングオブコント」2013、2016ファイナリストのお笑いコンビ・ジグザグジギーの宮澤聡。プロレスファンの芸人は数多くいるが、そのコレクターっぷりが異色だ。

 もはや男子は販売すらされていないプロレスカードを未だに収集しており、その数、実に4000枚。すべてにレスラーのサインが入っているという。芸人の”コネ”でサインをもらえそうなものなのに、他のファンと同じように入り待ち、出待ちをしているというのも驚きだ。

 そんな宮澤に、”ファンへの神対応っぷり”も加味した「最高レスラー5人」を選んでもらった。


取材に自身のコレクションを取材に持参した宮澤。これで「3分の1くらい」だという

――宮澤さんがプロレスを観ることになったきっかけは?

宮澤聡(以下、宮澤) 新日本プロレスが1991年3月21日に東京ドーム大会をやったんですけど、両親に連れられてそれを観に行ってどハマりしました。小学校に上がる直前の春休みですね。幼稚園の同級生だった女の子のお父さんが、新日本プロレスの営業の偉い方で、うちの父親が力道山の時代からプロレスが大好きだったので、招待してもらったんです。

――プロレスのどんなところが面白かったですか?

宮澤 新日本プロレスとWCW(アメリカの団体)の全面対抗戦みたいな大会で、ド派手な雰囲気だったんですが、その中で、長州力vsタイガー・ジェット・シンの試合が異色だったんです。「グレーテスト18クラブ王座」という、たった2年だけ創設された、「どこ行っちゃったんだろう?」みたいなベルトがあるんですよ(笑)。僕が観たのはその指定試合だったんですが、他とは違ってその試合だけ血みどろ。それが6歳の僕に刺さったんですよね。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル